見出し画像

韓国旅行 2022年冬 前日譚

Yuuji Takase

〇旅の始まりは準備から。

今年秋の旅行はどこへ行こう。
当初は神戸、金沢あたりを考えていたのだが…
思い切って、そうだ韓国に行こう。
3年ぶりの韓国旅行に行くことに。
けれど、以前とは状況が変わっていて、調べること、手続きする準備が多い旅になりました。

10月2日(日曜) 代理店に旅行の相談に行く。
予約した店舗に併設してラグジュアリークラスの旅行を取り扱うブースもあり
以前お世話になったコンシェルジュの方がそちらに異動されていると聞いていたので
ご挨拶に。
アポなしだったのだが出勤日ということでお会いすることができた。

何年ぶりだろう、3年ぶりくらい。前回の韓国旅行ぶり。
おたがいに久しぶりにお会いできたことを喜ぶ。

その流れで「今回も韓国旅行の相談に来たのです」と話すと
「私でも対応できますよ」という心強い言葉が。
「ぜひ、お願いします!」
ということで、もともと予約していたブースから変更して
馴染みのコンシェルジュさんに相談に乗ってもらうことに。

下調べしていたツアーの中から選ぼうと思ってプランを話すとすでに売り切れ状態。
これは困った。
それでも、初めての韓国旅行からお世話になっていたコンシェルジュさんだったので
こちらの要望を心得たもの。
条件に合う航空便を熱心に探してくれる。
行きは午前の便、帰りは午後の便。なかなか条件に合うものが見つからない。

出発日をずらすことで探せないか頼んでみる。
すると一日前倒しで出発することで空いている便を見つけることができた。
これは逃すともう見つからない…
という判断で見つかった便と宿を押さえてもらう。
この間2時間半ほど。
ほんとうに行きたかった旅行だったのでありがたい。感謝に尽きない。
待望の旅行の申し込みができたことで感無量だった。

と、この時点では11月からの韓国旅行でのビザ免除の発表はまだ無かった。
ビザの免除を待つか、ビザを申請するかこれまた賭けに近い状況に。

この日から「韓国 11月 ビザ」のワードで毎日検索をかける日々が始まった。

さて、旅行を予約して、スーツケースを引っ張り出して、必要なものをリストアップして、
旅先で行きたいところをチェックして…
YouTubeで疑似旅行体験をして。

それでも毎日「韓国 11月 ビザ」で検索をかけるものの発表がなかなか無く。
やはりビザを申請しないといけないのかなと迷いつつ過ごす。
ビザを申請するとなると領事館の予約+領事館を訪問するために休暇申請もしないといけなくなる。

悶々。

10月17日(月曜)夜 ネットを見ていると「11月以降もビザなし旅行を継続する見込み」というニュースが目に飛び込む。安堵。

10月19日(水曜) 2022年11月以降もビザなし旅行継続と正式発表あり。

10月29日(土曜)eチケット控えなど必要書類が届く。

11月6日(日曜)K-ETA承認

11月9日(水曜)VISIT JAPAN WEB 審査開始

11月10日(木曜)VISIT JAPAN WEB ファストトラック審査承認

11月19日(土曜)パッキング中にドライヤーの対応電圧が100Vであることに気づき
ホテルのコンセントの電圧について代理店に問い合わせを行う(Aタイプのコンセントも設置されているが、100ボルトなのかどうか)

11月20日(日曜)代理店よりホテルの電源電圧について調べた結果、不明であると連絡を受ける。変圧器の手配をする。

11月21日(月曜)手配した変圧器が届く、しかし電圧は対応するが周波数が対応していない商品だったため返品することとする。むむむ。
11月22日(火曜)届いた変圧器を返品する。Q-CODEの登録手続きを行う。
ページは日本語に対応しておらず、またYouTube、ブログなどの紹介記事と入力する内容が微妙に異なっていた。ページを翻訳しなおすとトップページに戻ってしまうため難儀しながら入力終了。プリントアウト。

11月23日(水曜)余談だが、サッカーワールドカップにて日本代表ドイツに歴史的勝利!胸が熱くなる。

11月24日(木曜)代理店よりホテルの電圧が分かったと連絡あり。220Vと110Vのふたつが備えられている。大きな電力消費をする製品は注意するようにとのこと。
変圧器を借りるか…

出発当日 3時30分起床
朝5時30分にタクシーを手配
空港に向かう。

定刻通りに離陸して旅は始まった。

続く。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!