見出し画像

トランプ氏が敗北を認めるか?予測まとめレポート

PredictionGeeksで行われた予測トピック「トランプ大統領が12月中に選挙での敗北を正式に認めるか?」についてのまとめレポートです。

予測結果

最終的な予測の平均値:1.3%(敗北を認める確率は最終的に1.3%だと予測されていた)

画像2

実際の結果:2020年12月中に敗北を認めなかった

この予測トピックは、トランプ大統領の動向およびアメリカ政治について考えるために行われた。

トランプ氏は2020年12月中に、大統領選挙での敗北を認めなかった。選挙での不正を訴えており、選挙結果を覆すために訴訟を起こしている。

集合知予測は最終的に1.3%と予測していた。これはかなり正確な予測だと言えるだろう。

選挙後の動向

11月3日、アメリカ大統領選挙が行われトランプ氏は敗北した。トランプ氏が獲得した選挙人は232人なのに対し、バイデン氏は306人の選挙人を獲得している。バイデン氏は11月7日(日本時間の8日)、勝利宣言を行っている。さらに、12月14日に選挙人による投票が行われ、バイデン氏が正式に当選に必要な過半数の票を獲得した。

しかしトランプ氏は敗北を認めていない。トランプ氏は大統領選挙を巡って不正があったと主張するツイートを繰り返し、各州で訴訟を起こしている。

しかし、訴訟では相次いで敗北しており、バイデン氏も「恥ずべきこと」と述べて批判している。更には、身内の共和党からもバイデン氏の当選を認める動きが出ている。

トランプ氏が依然として敗北を認めない理由として、退任後の政治的な影響力の維持を狙っているためだ、という意見もある。

予測動向

予測期間:2020/12/01 ~ 2020/12/25

スクリーンショット 2021-01-02 2.26.44

予測開始当初のブレを除いて、予測平均は20%強で推移していた。特に有力な情報が少なかったため、予測平均が大きく動くことはなかった。

PredictionGeeksについて

PredictionGeeksではその他様々な予測を行っています。予測を通じて健全な情報共有・議論を行うことを目指しています。予測精度の高いユーザーには賞金もあります。是非ご参加ください!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1
「集合知をデザインし社会をアップデートする」というVISIONの下、集合知に関するサービスの開発・運営・研究を行っています。 PredicitonGeeks:https://predictiongeeks.com メールアドレス:info@crop-pm.com