見出し画像

英ロックダウン予測、まとめレポート

PredictionGeeksで行われた予測トピック「10月中にイギリスで再びロックダウンが行われるか?」についてのまとめレポートです。

※今回の予測トピックは「イギリスの一部地域」ではなく「イギリス全土」でロックダウンが行われるか?、の予測を意図していました。この点を概要等に記載せず、ユーザーのみなさまの予測に支障をきたしてしまいました。誠に申し訳ございませんでした。

予測結果

最終的な予測の平均値:15%(ロックダウンが行われる確率は15%だと予測されていた)

実際の結果:イギリス全土でのロックダウンは行われなかった

この予測トピックは、10月当初再びコロナ感染拡大が見られたイギリスにおいてロックダウンがなされるか?及びロックダウンがなされるほど感染が拡大するか?、を考えるために行われた。

10月中にイギリス全土でロックダウンが行われることは無かった。しかしウェールズ地方では10月23日から2週間の短期的なロックダウンが行われることとなった。

ヨーロッパでの感染拡大

ヨーロッパ各国で新型コロナウイルスの感染が再び拡大している。感染拡大に対して、フランスでは2度目となる全国的なロックダウン、ドイツでは一部の州でのロックダウンが行われることになった。他にもスペインでは夜間の外出が禁止されるなど、欧州各国では様々な制限・規制が行われる事態になっている。

イギリスでもこの10月に感染が拡大しており、1日あたりの新規感染者数は10月下旬で2万人を超えている(下のグラフはイギリスの1日あたりの新規感染者数(Google))。

スクリーンショット 2020-11-01 0.09.23

ウェールズでは短期的なロックダウンが行われたが、イギリス全土でのロックダウンは行われていない。しかし、英紙タイムズは30日、ジョンソン英首相が全国的なロックダウンを検討していると報じている。

[11/5追記]

11月4日、英議会はイングランドでのロックダウン実施を賛成多数で可決した。ロックダウンは5日から始まり、12月2日に終了する。

予測の動向

予測期間:2020/10/01 ~ 2020/10/25

スクリーンショット 2020-10-31 16.59.43

予測値の平均は20%前後で推移していた。イギリスでは感染拡大が続いていたものの、コミュニティは、英国政府はロックダウンを行わないだろうと予測していた。今回予測コミュニティは比較的正確な予測をしていたと言えるだろう。

PredictionGeeksについて

PredictionGeeksではその他様々な予測を行っています。予測を通じて健全な情報共有・議論を行うことを目指しています。予測精度の高いユーザーには賞金もあります。是非ご参加ください!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
「集合知をデザインし社会をアップデートする」というVISIONの下、集合知に関するサービスの開発・運営・研究を行っています。 PredicitonGeeks:https://predictiongeeks.com メールアドレス:info@crop-pm.com

こちらでもピックアップされています

予測まとめレポート
予測まとめレポート
  • 9本

PredictionGeeks内で行われた予測のまとめレポートです。どのような予測が行われていたか、みんなどう予測していたのか、結局どのような結果になったのか、についてまとめられています。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。