見出し画像

Caravan

ロック好きの行き着く先は… by フレ

Caravan - If I Could Do It All Over Again I'd Do It All Over (1970)

画像1

 好みは定義できない。こういう系統が好きとかキライとかあるが、それでも例外はある。メタルは聴かないけどベビメタは好きとか、プログレはダメだけどフロイドは好きとか。第三者からしたらCamelもCaravanも似たようなモンだと言われるのは承知の上で、Camelは苦手だけどCaravanは大好きです。

 Caravanの1970年のDeccaにレーベルを移しての一作目となる「If I Could Do It All Over Again I'd Do It All Over」。バンドとしては2枚目の作品で、最初のアルバムが全然売ってもらえなくてレーベルを変えた経緯もあるから、こちらをバンドの一作目と捉える場合もあるようだ。ここからCaravanらしい音が始まるのは確かで、冒頭からもっさり感はあるものの、Caravanと言わんばかりのサウンドがアルバム最後まで繰り広げられます。歌声にベースライン、ギターにオルガン、フルートの使い方、聴きやすいメロディーの旋律にフワフワする心地良さ。どうしてこういう音が出来上がるのか、どうしてカンタベリー一派はこうなるのか、そんな事が一番感じられるバンドがCaravanだし、だからカンタベリーは好きだと言ってしまえるバンド。実際他のカンタベリー系統を聴いてもここまでピンと来るバンドは多くはない。

 この後のアルバムの方が有名で、確かに名作名盤多しだが、この「If I Could Do It All Over Again I'd Do It All Over」は確実に今後のCaravanの原点となる楽曲がたくさん入ってて、名刺代わりの一枚で存分に楽しめる。どこか切ないこの歌メロに歌声、そして無駄のない自然な楽器の音使い、決してテクニカルではないけど牧歌的な風景を目の前に映し出してくれるバンド、アルバムとして好きな作品。

この続きをみるには

この続き: 17,310文字 / 画像11枚

「ロック好きの行き着く先は…」で書き溜めた記事から70年代プログレッシブ・ロックバンドのアルバムをアーティスト別・年代順にまとめ直して読みやすくしたリミックスバージョン。

Curved AIr, Colloseum, Camel, Soft Machine, Caravan, Gong and Canterb…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ロック好きの行き着く先は… by フレ

好きなロックをひたすら聴いて書いているだけながらも、聴くための出費も多くなりがちなコレクターの性は皆様もご承知の通り、少しでも応援していただければ大感謝です♪

ロック好きの行き着く先は… by フレ
ロックに目覚めン十年、聴き方は変わったものの相変わらずロックばかり聴いています。そしてこのン十年に書き溜めた記事を更にまとめてアーカイブ化して読みやすくnoteで提供へ。