校長先生の話

校長先生の話は長い

大事なことが3つあると言い
1つ目辺りであくびが出る
2つ目の途中で喩え話が始まり
途中で迷子になって抜け出せない
鴉が降り立って現実にかえる
3つ目の半ばで逃亡者が多数

それでもまだ
熱心に耳を傾ける生徒もいるのは
校長先生はレアキャラだから

節目節目の挨拶だけに顔を出し
それ以外の時間は謎
(みんなは知らないけれど校長先生の本当の正体は世界を股にかける大泥棒なのだ)

オチも感動もないけれど
終わることによって満足できる
それが校長先生の話だった

他のどんな先生よりも
愛されて、リスペクトされていた

ただ校長先生だけが
何のハラスメントとも
結びついてなかったから

#詩 #スピーチ #喩え話 #立ち話 #怪盗

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

本当にありがとう!
3
短歌や詩や小説を書いている現代人です。悪気はありません。 作品に含まれる宇宙人及び人間等は架空の存在です。はじめまして。

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。