見出し画像

富士山原生林トレランレース25km

24kmロングの部にトレーニング代わりにと参戦。開会式でUTMBでずっと一緒だったズーミンこと吉住友里選手がご挨拶。最前列から男子とガチ勝負したるねん〜と明るいキャラ。


さぁて僕もトレーニングなので、いつもと違ってスタートから思いっきり行ってやろうと画策。どんなに走っても24kmじゃ潰れないだろうと。スタートと同時にガンガン行く。あれ?みんなもそうなの?!最初はロードが3kmでその後山へと。4分30秒/km時速13.3km。いつもはスピード出してもキロ6分時速10kmくらいなので、シンドイ。でも行くと決めたからロードは食らいつく。ウォームアップも出来てないので超シンドイ。心拍数も160くらいでハァハァゼーゼー。やっぱ煙草ダメ?


いえいえ、箱根の山で開眼したんだから山入ったら行けるでしょとニンマリしたのは最初の15秒。あれ?なんか身体が動かない?何故に何故に?まぁいきなり3kmで500m登るコースなので楽ではないのは分かるけど、それにしても身体が動かない。シングルトラックなので譲らない限り追い越されないけど、前と少し距離が開き始める。「おせ〜んだったらどけよな!」という心の声に「どーもスンマセン!」と気合で登る。例の太腿やふくらはぎ使わない疲れない走りが出来ない。太腿とふくらはぎが悲鳴を上げてる。行ってやるぜ→今度は腰が痛くて仕方ない。腰痛くならない走りも出来てたはずなのに。。。這々の体で10km進む。筋肉がつって痙攣してるし。どこへ行った、俺の技術?!下りだけは修行の甲斐あって、筋肉がつろうが力が入らなかろうが、重力のままに落ちるように下れた。苦手だった下りでいっぱい抜き返してちょっとだけご機嫌。


まぁ10km済んだし後は樹海をたった15km。上九一色村が入口と言う事でビビリますが、しかし登り下り200mずつ。行くと決めたら行くんだ!と走り出すも、出たぁ脚が動かないやつ。平らなところでスピードが出ない。どうしちゃったの俺?出来るだけスピード落とさないよう食い縛って6km進む。いっぱい抜き返される。ひぇ〜と思ったら、なんか突然スイッチが入った。下り基調だけど登り返しもある9km、途中で一度すってんころりんと転んだけど、両足痙攣してたけど、煙草のお陰で?ゼーゼーの極地になったけど、絶対緩めないぞ!あれ?下りもそうだけど登り返しも速くないか?しかも脚の筋力残ってないから、箱根で開眼した例の骨盤や骨や筋使って超省エネで走る走り方になってるやん〜!何故に最初からそうさせてくれないの?!おれ何か悪いことした?ってな事考えながらぶっ飛ばしてゴール!!!



終わってみたら25km4時間ジャスト。あれ?平均速度6km/h以上出てるぞ!400人の中で130番。もっと悪いかと思ったけど後半抜かしまくったから順位上がってた!前半からあの走り出来たら上位20%くらい行けるかも。。。?


終わってみて色々考えたけど、やはり前半の不調は謎のまま。まぁ合格な結果だったけど、25kmだし、100マイルとは違うんだろうなぁ。来月の秩父100kmが台風の影響で中止になっちゃったので、箱根外輪山、前回は反時計回りだったから時計回りでもう一回本気走りしてみようかな〜シンドイ事大嫌いだけど。。。

課題は2つ。前半から飛ばせる身体を手に入れる事と、それを170km持たせれるようになる事。なんか絶望的に遠い道な気もするが、男の子なのでリベンジは果たさないと、娘に殴られる。リベンジ果たしてUTMBのロゴのtatoo入れなきゃなのだ。あ、それすると娘に皮削るぞって脅されてるんだった。。。

真面目な話し、前半は、足首に捻挫予防のテーピングをしてたのだが、足首前にかかりすぎて、あたりまえだけど足首の前屈が制限された。それが足首での吸収を妨げて、ついには股関節の動きを制約して、膝と腰で受け止める走りになった。ので走行中は斜度のきつい上りでのみ、涙的腰痛。終わって帰宅後は膝蓋下がじーんじん。後半はテーピングが伸びてきたか?と言うよりそこまで足首曲げなくても乗っかって行ける斜度しか無かったから?腰も痛くならなかったし、お尻や腸腰筋、股関節を仕えた走りが出来たように感じた。しかし足首を緩めて可動域広げすぎて走ると、グキっと捻挫に繋がる。どうしたものか。。。

それと追い込むと筋肉痛出ますね〜。太腿痛い。。。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

いぇい!
3
職業IT、レストラン経営。趣味は車のレース、ウェイクボート、ピアノとここ2年トレランハマってます!このノートは2019UTMB初参加DNFから2020リベンジまでの記録です!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。