アヒージョ芳一

アヒージョをやった後、油臭くなるまじく家中のそこかしこにファブリーズをしておいたのだが、翌日、着ているパーカーから香ばしい匂いが漂ってきた。開け放したままのクローゼットにはファブリーズをし忘れていたのである。これは現代の耳無し芳一だ。と、ひとりごちると六弦は物悲しい音色をたてたのでした。琵琶が何本の弦でできてるか知らないので雰囲気だけで文章を書いてます。

ファブリーズってバリアだよね。一方にんにくの方もバリアで、妖怪ついでにですけど、ルーマニア?トランシルヴァニア?名前わかんないけど古城あるじゃない。悪魔城ドラキュラっていうか、ドラキュラの悪魔城。あそこで週末にアヒージョやりたいよね。アイツめちゃくちゃいやがるだろうな。なんとなくたくさんのコウモリに変身して城から逃げ出すような気がするね。ヴァンパイア・ウィークエンド。

特にオチとかないんですけど、耳なしでアヒージョっていったらどっちかっていったら、ゴッホのほうが近いよね地域的にはね。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いつでもサポートお待ちしております。凍える荒野を行く旅人の足を前へ進めるのは、いつだって心地の良い熱を持った風だから・・・

銀の糸のように優しい雨<mercy rain >が僕に・・・
14
webエンジニア(フロントエンド)で、オモコロのライターです。 オモコロでは比較的カッチリとした悪ふざけを書いているのですが、noteでは普段話さないエンジニアリングの話や、個人的に面白いと思う言語学とか人類学とかのジャンルの話を書きます。よりニッチです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。