新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

米国防総省からアビガンに巨額助成金の怪

オバマ政権化のアメリカ国防総省から巨額助成金を得ることになったアビガン。感染症に対するトランプ氏とオバマ氏の考え方、対策は具体的に何がどう違ったのか。2020年、新型コロナに苦しむ今の世界とアメリカに、どのような影響を与えているのか。「アメリカが発掘した「富山県」のアビガン」から続けてどうぞ!

アメリカ政府のアビガン獲得へ向けた動きがよりあからさまな形になったのは、今から8年前、2012年のことだった。米国防総省はこの年、フィールドにいる軍人を自然の、もしくは人工的に作られた微生物の脅威から守ることを目的として設置した「革新的医療技術獲得プログラム(TMT)」の中で、新型インフルエンザ治療薬開発プログラム(TMT‐Flu)をスタートさせた。

アメリカをはじめどの国も、パンデミックといえばインフルエンザを想定した準備を進めていた。

この続きをみるには

この続き: 3,931文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
最近は新型コロナときどきワクチン、その他あれこれで、頻繁に記事を更新しています。これを機会に是非ご購読ください。

「文系女医の書いて、思うこと【プロフェッショナル】」では、執筆やメディア出演の舞台裏エピソードや医療関係者向けの特別記事や資料を「文系女医…

新型コロナウイルス流行中につき、現在、超高頻度で記事を更新しています!

noteで私が発表する記事がぜんぶ読める基本のマガジンです。継続的に執筆を応援してくださる方、私の書いた記事はぜんぶ読んでいきたいという方…

または、記事単体で購入する

米国防総省からアビガンに巨額助成金の怪

村中璃子 Riko Muranaka

980円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

正しい情報発信を続けていかれるよう、購読・サポートで応援していただけると嬉しいです!

スキありがとうございます。
8
医師・ジャーナリスト/ 2020年8月『新型コロナから見えた日本の弱点 国防としての感染症』を刊行しました

こちらでもピックアップされています

文系女医の書いて、思うこと。【プロフェッショナル】
文系女医の書いて、思うこと。【プロフェッショナル】
  • ¥10,000 / 月

「文系女医の書いて、思うこと【プロフェッショナル】」では、執筆やメディア出演の舞台裏エピソードや医療関係者向けの特別記事や資料を「文系女医の書いて、思うこと。【スタンダード】」にプラスして書いていきます。引用の際には出典のご記載をお願いします。