「ワクチンの重篤な副反応リスクがコロナの入院リスクを大幅に上回る」年齢・性別・接種回数の12歳以上の子どもたち
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

「ワクチンの重篤な副反応リスクがコロナの入院リスクを大幅に上回る」年齢・性別・接種回数の12歳以上の子どもたち

【9月10日】イギリスの12歳以上の子には「推奨しない」と発表する前に、アメリカCDCが「推奨する」ことを強調した最新のデータについて追記しました。

9月3日、英ワクチン諮問委員会(JCVI)は「12歳以上の子どもには新型コロナワクチンの接種を推奨しない」と発表しました。日本のように「推奨を控えている国」はあったものの「推奨しない」と言い切った国はイギリスが初めてではないでしょうか。

英ジョンソン首相はそれでも子どもたちの接種を始めると宣言。国民やメディアからも「重症化率は感染者数を分母にしているのに、ワクチン副反応は人口を分母にしているのではないか?」といった方法論の誤りを疑う声や「子どものワクチン接種の権利を侵害している」といった批判が続出し、ワクチン学の権威でJCVIのメンバーでもあるアダム・フィン教授が動画で警告を呼びかける事態にまで発展しました。

https://news.sky.com/video/covid-19-we-could-be-doing-more-harm-than-good-by-vaccinating-healthy-children-says-jcvi-member-12398939

そして、フィン教授らが「推奨しない」と評価する根拠にした”爆弾論文”が判明しました。査読前ですが、非常に大規模なデータに基づく信頼ある研究者のグループによる解析で、同じ12歳以上の子どもでも年齢・性別・ワクチンの接種回数によって細かな分析をすると、特定の年齢・性別・接種回数の子どもだけが、コロナの入院リスクをはるかに上回るワクチンによる心筋炎の副反応のリスクを負っていることが分かりました。

具体的なデータを見てみましょう。

この続きをみるには

この続き: 2,607文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
最近は新型コロナときどきワクチン、その他あれこれで、内容の詰まった記事を頻繁に更新しています。これを機会に是非ご購読ください。

「文系女医の書いて、思うこと【プロフェッショナル】」ではわたし書くすべての記事を読みたいという方、定期購読で応援してくださる方向けです。執…

または、記事単体で購入する

「ワクチンの重篤な副反応リスクがコロナの入院リスクを大幅に上回る」年齢・性別・接種回数の12歳以上の子どもたち

村中璃子 Riko Muranaka

980円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
村中璃子 Riko Muranaka

正しい情報発信を続けていかれるよう、購読・サポートで応援していただけると嬉しいです!

スキありがとうございます。
医師・ジャーナリスト。命や健康に関わるフェイクニュースに傷つかない、騙されないために。著書に『10万個の子宮 あの激しいけいれんは子宮頸がんワクチンの副反応なのか』(2017年2月)『新型コロナから見えた日本の弱点 国防としての感染症』(2020年8月)