新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

PCR陽性だった友人家族の抗体検査の結果

PCRに感染した友人家族がPCR検査を受けるまで」の続きです。

4月に入ったある日、キャサリン一家は抗体検査を受けることになりました。PCR検査を実施した医師から電話があり、小児の新型コロナに関する調査をしているので家族全員で検査を受けて欲しいというのです。

結果はどうだったと思いますか?

「なかったのよ!せっかく10日も自己隔離までして、抗体はできてるって思ってたのに」

抗体検査の結果を伝える電話をくれたのは、主治医が話していた「子どもと家族クラスター」の研究を行うチームで働く1人の医師でした。

キャサリン一家の登録番号は105番から108番。数百人規模の小さな調査だと聞かされたそうです。ハンブルクの大学病院でも、今週来週で3000人の無症状だった子どもを対象に検体採取が行われていますが、ドイツでは子どもが新型コロナ流行に果たすに役割についての調査が各地で進められているのです。

研究を率いるのは、ベルリン・シャリテ病院のクリスティアン・ドロステン氏。コロナウイルスの1つSARS(重症呼吸器感染症)の共同発見者のひとりでもあり、ドイツの新型コロナ対策班のトップです。

この続きをみるには

この続き: 2,360文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

文系女医の書いて、思うこと。【スタンダード】のバックナンバーです。定期購読していなかったけれど過去の記事をお得にまとめて読みたいという声に…

または、記事単体で購入する

PCR陽性だった友人家族の抗体検査の結果

村中璃子 Riko Muranaka

980円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

正しい情報発信を続けていかれるよう、購読・サポートで応援していただけると嬉しいです!

スキありがとうございます。
15
医師・ジャーナリスト/ 命にかかわるフェイクニュースに傷つかないために。

こちらでもピックアップされています

文系女医の書いて、思うこと。【スタンダード】
文系女医の書いて、思うこと。【スタンダード】
  • ¥3,000 / 月

noteで私が発表する記事がぜんぶ読める基本のマガジンです。継続的に執筆を応援してくださる方、私の書いた記事はぜんぶ読んでいきたいという方にお勧め。引用の際には出典のご記載をお願いします。プラスαを読みたい方、医療関係者には「文系女医の書いて、思うこと。【プロフェッショナル】」がおススメ。