目標を失い。何を目指すか、わからなくなったのかファイターズ。わたしも何を書いていいのかわかりませんーそれでも、なおー

119試合目 8/27  F×L 2対8   120試合目 8/28 同 8対10  釧路市営球場

一年に一度の釧路開催。綺麗に改修され人工芝が貼られた球場で、ファイターズは躍動!しきれなかった。2連敗。

様々な出来事があり、様々な要因でもって、結果がある。その様々は、さらに様々に折り重なったり交錯しているのであり、だから負けるんだ!だから勝てるんだ!とわかりやすい答えなどどこにもないのだと思う。

優勝を目指していたファイターズのモチベーションは明らかに下がっているはずだが、ベンチはそんなに沈黙もしていない。むしろ前より明るいくらい。空元気なのか暗い顔してたって仕方ないよなってことなのか。

日曜の午後、STVラジオ「田中賢介のアフタースクール」で杉谷拳士がゲストだった。ベンチ要員の皆がいかに準備してるかという話はとても面白かった。

負けててベンチがどんよりしてても、代打のために裏に集まる面々を笑わす拳士。「あんなプロ野球選手いませんよ」とか言ってしまう賢介さん。不謹慎と立腹するファンもいるのかもしれませんが、代打の役目を全うするには、まずリラックスが一番大事だと賢介は考えているんじゃないのかな。

ものすごく緊張する仕事だから。

どんなに酷な結果でも、心にゆとりを忘れて欲しくない。思いつめていても、ちょこっと笑えることがあれば、気持ちも切り替えられる。

例えば、守備で悩んでいるだろう、近藤くんには、きっと必要なことだ。

目標は今は見えない。

一歩一歩、目の前の道を踏んでいこう。

いつかどこかには、必ず、到着するのだから。

わたしたちは、ちゃんと見つめている。


ファイターズ 56勝59敗5分け  






この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます😊
7
小野山 理絵 元マンガ評論家 1996年「ガロ マンガ評論新人賞 佳作」北海道新聞で8年間マンガコラム。今はレジと厨房の二刀流パートのおばちゃん。「2019北海道日本ハムファイターズ143試合全部書く!」イベント開催中!その他マンガ、映画などについて書きます。

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。