見出し画像

もう何も残っていないのかーファイターズの明日が見えない…暗がりにぼんやりと座りこんでいるみたいだ。太陽は、どこにあるのー

ファイターズ2020 10/10 99試合目 札幌ドーム F×L  0対7

10月もあっという間に半ばを過ぎようとしている。いつもならシーズンの結果も出てクライマックスシリーズに向かっているか、来年への新しいチーム編成が始まる時期。まだ野球はやってるけど、もしかして裏側では、様々なお達しが始まってるのかな〜?と穿ちたくなるくらい。ファイターズは、沈んでいる。

どうしてこうなっちゃったんだろう。 きっと誰も彼もが心の中で思っている。

勝てる試合を落とし、とるべき試合を落とし、出来るはずのプレーをミスしてばかり、大事な場面で失点し、チャンスでことごとく得点できず…負ける日々の積み重ねが、選手から自信を奪い、ベンチの中では、信頼関係が薄まっていくー

遠くに見える、千葉ロッテマリーンズと福岡ソフトバンクホークスの熾烈な優勝争い。これまで両チームとも特に好調というわけでもなかった。ホークスは連敗して足踏みしていたし、投手陣も意外とやりくりしてやってる。後ろのピッチャー、モイネロが崩れないのが強みなのか。マリーンズは、それどころかコロナでレギュラーが大半いなくなってしまった。経験の少ない若い人を使うしかない。

過酷なシーズン。疲労困憊、チーム状況は、同じように厳しい…にもかかわらず、二チームは、首位争いで劇的ゲームを展開している。選手もファンもヒリヒリする毎日を過ごしている。

羨ましいなあ…ううう、羨ましいなあ…😭 2016年の日本一以来、17,18,19,20 って四年も経ってしまった。ぼんやりとしたシーズン後半を(18年は3位でしたが)過ごし、成長も変化もしてくれないチームに文句つけてるだけで終わってしまう。つまんないよね…つまんないよねえ…。面白くないよねえ…。

そんなこと栗山監督だって重々すぎるくらいわかってるだろう。そして選手たちだって、同じだろう。つまらない、面白くない、何のために野球やってるのかわからない。わたしたちは、何のために野球見てるのか、わからない。同じだと思うよ。

ドキドキする、ヒリヒリする日々を いつか取り戻せるのか…。

そうだ!突然思いついたけど! どうでっか? 新庄剛志 来年監督やらせてみたら? 当人は、選手で復帰したいらしいからさ。プレーイングマネージャーでさ!

あたしは、全然全く新庄さんのファンじゃないんです。阪神の時もファイターズに来てからも、特に好きだったことはない。パフォーマンスも特に面白いと思ったこともない(球場と野球表現の幅を大規模に広げたことはおおきに評価し感謝してますが)。だけど新庄剛志という男のめちゃくちゃでありながら、ちゃんと野球を考えてやれる能力ーそれを「言語化できる表現力」は、なんらかの作用をファイターズにもたらしてくれるのではないかー

それくらいの大鉈というか大バカ的なことしないと変われないんじゃないのか…ファイターズは…。

スクリーンショット 2020-10-14 5.22.36

あったかいコーヒーで心を落ち着けよう…。写真は「喫茶ちゃっかる」の一杯☺️

ファイターズ 43勝52敗4分











この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます😊
5
小野山理絵 元マンガ評論家 1996年「ガロマンガ評論新人賞 佳作」北海道日本ハムファイターズのファン マンガ、映画、本のことなど書きます。今の仕事は宅配弁当ワーカーズコレクティブで調理担当。今年も「2020、歴史に残るファイターズの120試合全部書く!」イベント開催中😀
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。