見出し画像

PHOTOSHOP/もうボカさない!絶対に肌の質感を壊さないで綺麗に修正する人物レタッチテクニック。

こんにちは。

札幌を拠点とし活動中のレタッチャーNORD WORKSの大谷キミトです。

今回のレタッチテクニックはレタッチャーが広告制作で使う

ぼかさず絶対に肌の質感を壊さないで綺麗にレタッチすることができる人物修正テクニックです。

1000個以上売れているテクニックで一番人気です。

動画解説編もできました。


このテクニックは書籍「Photoshopレタッチ[伝わる]写真補正&加工を学ぶ現場の教本」にも同じようなテクニックが書かれています。

書籍とは使用している素材が違いますが、まずは書籍をチェックすると良いかもしれません。

このテクニックを含む、人気人物レタッチを4つまとめるとお得なマガジンもあります。


まずはbefore,afterをごらんください。

画像1

レタッチはやりすぎてしまうとレタッチ感が出てしまいます。

肌の表面をぼかすやり方もありますが今回ぼかしは使用しません!

この方法は肌を自然に美しく見せる肌修正テクニックです。

私が何年も何年もレタッチし続けてきてたどり着いた、究極の超効率的な人物レタッチ方法です。

ただ、効率的といってもこれでも時間が掛かるのがレタッチです。

数分でできるものではありません。

これは私が大手広告レタッチ案件等で、モデルやタレントさんで使用しているテクニックです。

かなり上級者向けなのでPHOTOSHOP初心者の方は買わない方がいいかもしれません。

PHOTOSHOPの基本操作ができる方が対象です。

こんな感じで書いていきます。

1.肌の目立つ、ニキビやシミを削除する
2 .シミマスクを作成する
3 .シミマスクとトーンカーブで肌を整える。

このnoteを見た方からこのようなコメントもいただいております。




それでははじめてみましょう。

1.肌の目立つ、ニキビやシミを削除する


こちらが元データです。

画像2

はじめにやる事はおそらくみなさんがやる作業と同じです。

一つレイヤーを作り《肌ベース修正》と名前をつけます。

画像3

ここにスタンプツールやスポット修復ブラシツールを使い目立つ肌荒れ、不要なまゆ毛等を丁寧に削除していきます。

今回は大きめの目立つ赤マーク部分のシミやニキビ等を削除します。

画像4

2 .シミマスクを作成する


ここからが重要ポイントです。

この続きをみるには

この続き: 1,320文字 / 画像17枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
単品で買うよりお得です。 4つを単体で購入すると19,800円→このまとめマガジンは9900円!!

人気の有料人物レタッチテクニック4つをまとめたマガジンです。 ・もうボカさない!絶対に肌の質感を壊さないで綺麗に修正する人物レタッチ …

または、記事単体で購入する

PHOTOSHOP/もうボカさない!絶対に肌の質感を壊さないで綺麗に修正する人物レタッチテクニック。

レタッチャー / 大谷キミト

6,600円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
レタッチャー / 大谷キミト

頂いたサポートは新作の素材や資料などに使用させていただきます。

ショートカットキー:なげなわツールはL
544
レタッチャーという職業です。 写真とPhotoshopで広告ビジュアルを制作しています。 noteでレタッチテクニック大放出中です。 レタッチ事務所NORD WORKS代表 https://www.nordworks.net