見出し画像

【レオナ@ドイツ③】ホッフェンハイムとバイエルンへ。ブンデスの取材申請方法と、日本との決定的な違い。

--------------------------------------

※本文の無断転載、スクショによるSNS等への投稿はいかなる理由であろうと禁じます。

※単発での購入も可能ですが、月刊で「国内サッカーの現場より 竹中玲央奈のここだけの話」を定期購読していただくほうが圧倒的にお得です。

---------------------------------

ドイツ4日目は休息日に当てて、5日目と6日目にはブンデスリーガ取材へ行った。この旅のメインの目的の1つでもある。

①でも言及した気がするが、2012年からこの仕事を始めて7年目に突入したものの、海外取材の経験はACLで韓国へ行ったその1回きりで、欧州は未経験だった。サッカーメディアに関わるものとして最前線の現場を体験しなければいけない、なんてことを言うつもりは毛頭無いが、経験するに越したことはない。というか、純粋に見てみたい。

というわけで取材に行こうと決めたのだが、読者の皆さんは「海外の取材申請ってどうやるの?」という疑問があるかと思う。というか日本でのやり方も知らないかとは思うのでそこはまた別の機会に教えるとして、今回はブンデスリーガの試合にどうやって自分が潜入したか、そしてそこで味わった日本との差についても教えよう。

この続きをみるには

この続き: 3,898文字 / 画像21枚
記事を購入する

【レオナ@ドイツ③】ホッフェンハイムとバイエルンへ。ブンデスの取材申請方法と、日本との決定的な違い。

Reona Takenaka

250円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

読んでいただきありがとうございます。頂いたサポート資金は、より面白いコンテンツを届けるための遠征費や制作費に充てさせていただきます!

ありがとうございます!これからも応援よろしくお願い致します。
3
スポーツライター&webコンテンツメーカー。「AZrena」や「B&」などのスポーツwebメディアの立ち上げ人。Jリーグを中心とした国内サッカーを取材し専門誌へ寄稿中。主に定期マガジンで日本サッカーの裏話をしています。自分の特異な思考も。働き方改革最前線。

こちらでもピックアップされています

国内サッカーの現場より。竹中玲央奈のここだけの話
国内サッカーの現場より。竹中玲央奈のここだけの話
  • ¥600 / 月
  • 初月無料

エル・ゴラッソやサッカーダイジェストなどの専門誌において、Jリーグ、大学サッカー、高校サッカーと幅広いジャンルを執筆するスポーツライター・竹中玲央奈によるwebマガジン。国内サッカーのありとあらゆる情報をお届けします。Jリーグファンは必読です。 月に4本以上は更新いたします。上限はありません。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。