見出し画像

Apple信者の私がiPhoneを卒業したワケ

新型iPhoneの発売が発表されましたね!

Apple信者×ガジェットオタクな私ももちろん注目して見てました。

毎年性能をアップさせ、更に新たな機能を追加した新機種を出してくるAppleは本当にすごいと思う。ブランド力の強さもファンが多い理由の一つなのかな。

私も初めてiPhone4Sを使って以降、毎年かかさず機種変してきました。
iPhoneの虜になってしまったのです。Androidなんて論外…!ってね。

これまでに使ったiPhoneは、
iPhone4S、5、5S、5SE、6、6S、7、8、8 plus、Ⅹ

書き出してみて気づいた…キチガイですね(笑)

でも…!

ここまでiPhoneを愛してやまない私が、先月ついにiPhoneを卒業したのです!


周りの友達に話すと全員から「なんで!!?」と驚かれるほど。
それくらい私=iPhone(Apple)の印象が強かったんですね(笑)

なぜ変えたのか。

理由はただ一つ。

iPhoneに勝ると思える機種が見つかった。

正直これまで、iPhoneを超える・iPhoneから機種変したいと思えるAndroid端末に出会ったことがなかったんですよね。


携帯のキャリアショップで働いていた経験もあるので、いろんなスマホを触ってきたけど、iPhone以上に使いたいと思える機種には出会ってこなかった。

それを覆したのが、

Huawei P20。

Huaweiは中国のスマホメーカーなんですが、このP20シリーズが本当に素晴らしい。

ちなみにP20シリーズには、廉価版のP20 lite・標準的なP20・画面大きめのP20 Pro(docomoでのみ取扱い)の3種類がありますが、私が使っているのは真ん中のP20。

なので今日はそのP20について書いていきます!
(以下、完全に個人的見解ですので悪しからず…)

新型iPhoneにも負けてないP20 #とは

まず、P20はAndroid OSのスマホなんですが、加えてSIMフリー。
(家電量販店で買えます!)

なので基本的には今使っているSIMカードを入れれば使えるんですが…!ですが!

au系のSIMは、VoLTEに対応していないので音声通話・SMSは使えません。
(データ通信のみなら今のところ使えるみたい)

docomo/softbank系のSIMであれば通話も問題なく使えます♪
ちなみにP20 liteであればau系でも通話/SMSも使えます!

このP20、SIMに関してさらに優れてる点が、デュアルSIM機能

その名の通り、SIMカードを2枚セット出来るんです!


新型iPhoneにもデュアルSIM機能搭載されているものの、物理的にSIMカードを2枚入れられる製品は中国のみでの取扱い。日本を含むその他の国はSIMカード1枚+eSIM(各キャリアによる遠隔での契約情報書き込みの対応が必要)となっている。

Appleの発表会では対応キャリアに日本の3キャリアは記載されていなかったので、現状は未対応。

なので、デュアルSIM機能では今のところP20が一歩リード!

てかSIMカードって2枚も必要なの?

と思う方もいると思いますが、私は通話用とデータ通信用のSIMを分けて使うことで、月々の通信量をかなり抑えられてます。

①格安SIMにしたいけど通話もそこそこするから割高になりそう
②動画とかSNSをたくさん見るからデータ容量を多くしたい

こんな人にもデュアルSIMはおすすめです♪

①通話料金の安い3キャリアのSIM+データ通信は格安SIM
②格安SIMのデータ容量の大きいプラン×2枚

みたいに使うことで、今より使いやすく・さらに料金が安くできちゃったりします。
ちなみに、通話はAのSIM・データ通信はBのSIMという設定が出来るのでご安心を♪

後は、仕事用のSIMとプライベート用のSIMを入れることで、今までスマホ2台持ちだったのが1台で済むようになったり。

速度制限のリスク分散にもなったりするし、結構おすすめの機能です。

最強のカメラスマホ現る

私がP20で最も推しているのがカメラ機能の凄さ!

カメラ好きなら誰もが知る、あのLeicaのダブルレンズを搭載。


ライカのレンズがスマホカメラで使えるなんて…!これだけでもかなり魅力に感じますよね。

さらに、AIが自動で被写体を認識して、それにあった最適な設定にしてくれるんですが、これが本当に凄い!

例えば人を写してたら自動でポートレートモードに切り替えてくれたり、食べ物を撮ろうとすると鮮やかに写してくれたり。
それを瞬時にやってくれるから、撮りたいと思ったらサッと綺麗に残せる。

加工なしでこの鮮やかさ。

すぐにフードと認識して彩度を高めに設定してくれます。


そして個人的に気に入っているのはアパーチャモード。
ボケ味を自由にコントロール出来ます!簡単にプロっぽい写真が撮れます!

作例がこちら。

これも一切加工してません。
ピントを合わせたところ以外がボケてくれて、雰囲気のある写真に仕上がってくれました。

後はiPhoneにも搭載されているようなポートレートモード(美肌補正がすごい!)や、ISO・シャッタースピード・ホワイトバランスなどが自由に変えられるプロモードも。

インカメの画素数が約2000万画素という高画質なのも特徴です!

さらに私が気に入っている点が、

生体認証が2種類!(顔認証・指紋認証)

花粉症の時期にiPhone Xを使っていて何度イライラしたか…(笑)マスクしてたり寝起きで顔が酷かったりすると、反応してくれないんですよね。

そんなときでもP20なら指紋認証が付いているのでノープロブレム!

逆に、料理中など指紋が使えないときには顔認証でロック解除してくれるので、ロック解除パスワードを使うことがほとんどありません。

生体認証が2種類付いてるっていうのは、個人的にかなり推しポイントです。

iPhoneと同等スペックなのにとにかく安い!

ここまで読んでもらって、P20の優れた点は掴んでもらったと思います。
ここからは細かいスペックを新型iPhone 3種類と比較していきたいと思います。

まず、ディスプレイの大きさ。

P20は、新型iPhoneの中で一番小さいiPhone XSと同じサイズです。
年々大きくなるスマホ本体…。女性にはこのくらいの大きさが限界かなと思います。
厚みもiPhone XS/Maxと同じくらいですが、軽さでいうとP20に軍配が上がります!


ここからはメモリに関して。

RAM/ROMって何?と思う方が多いと思うので、簡単に理解してもらうときによく使う"机"に例えてお話していきます。

RAMは机の広さ、ROMは引き出しの多さと考えてください。

つまりRAMの容量が大きければより多くのアプリを同時に起動でき、ROMの容量が大きければより多くのデータを保存することができる、ということです!

RAMはP20もiPhoneも同じですが、iPhoneはROMの容量が選べるようになってますよね。それに応じて値段も変わってきます。
同じ128GBで比べると、P20とiPhone XRでは¥21,000も違ってきます。

システムの部分でもiPhoneに引けを取らないP20。

バッテリーも3,400mAhと格安スマホの中ではかなり上位。
ヘビーに使っても1日は余裕でモチます◎
(iPhoneにはバッテリー容量の明記がなかったので比較できず…)

また急速充電にも対応しているので、付属の充電器を使えば2時間でフル充電することができます。

ここまで読んでいただいて、P20のコスパの良さを実感していただけたと思います。

iPhoneで出来て、このP20に出来ないことはほとんどないです。

ほとんどのアプリがiOS/Android両方で出ていますし。(たまにないものもあります)

機種変してすぐの頃は私も慣れなくて使いづらかったりしましたが、1ヶ月も経てばそんなことも全くなくなりました!

ここ数年iPhone一択で生きてきましたが、それ以上の機種に出会えたので、この知識が他の誰かの役に立てばと、こうして記事にしてみました。

もし、面白い!有益だ!と思ってもらえたらぜひ拡散お願いします。

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただいたお金は、フリーランスで活動していくためのスキルを伸ばすために使用させていただきます☺︎!

Thank you soooo much!!!
22
トレンド大好き❤︎なミーハーガジェットおたく👩🏼‍💻写真|ライティング|スマホアドバイザー|お部屋コンサルタント(賃貸物件紹介)|撮影やライティング・ガジェット関連など、お仕事絶賛募集中です!ご相談ください👉rei.k9216@gmail.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。