もったいない、から始まる編集。
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

もったいない、から始まる編集。

もったいない。

その思いが行動の動機になることが多い。
先日も僕は「もったいない」という気持ちから、とある提案をしたくてダスキンさんに伺った。

ていうか、ダスキンってご存知だろうか?

年配の方は「黄色いモップのあのダスキン?」と思い出される人が多いんじゃないだろうか。まさにモップやマットのレンタルなど、掃除全般にまつわるサービスを提供している会社だ。

ちなみにミスタードーナツを展開しているのもダスキン。

そんなダスキンさんと関わりを持つようになったのは、ダスキンの社内外問わず、近しい人たちと一緒に、新たな創造へとつながる未来の種を見出すことを目的とした「ダスキンラボ」という場所に、2年前に呼んでいただいたことがきっかけだった。

当時の僕は、ダスキンさんに対する知識がモップとミスタードーナツくらいしかなく、それではあまりに失礼だと、ダスキンさんのホームページを検索してみたりした。その時はまだよく理解できていなかったのだけれど、あれから2年が経って見えてきたことを前に、僕はあらためてこう思った。


「もったいない!」

そもそもダスキンとは、英語で埃(ほこり)を表す「ダスト」と日本語の「雑巾」を合わせた造語。家庭用の化学ぞうきんのレンタルがダスキンの原点だ。そしてこのレンタルという部分が大きなポイントなことにいまさらながら気づいた。

(ちなみにもう黄色じゃないんだね)

2年前にダスキンさんと接点を持った当初は、このダスキンのレンタルサービスについてあまり肯定的な思いは抱けなくて、そもそも携帯電話にインターネット、さらにはネトフリ、アマプラ、U-NEXTと、毎月幾らサブスクに注ぎ込んでるかわかんないのに、どうして掃除用品にまでサブスクをONしなきゃいけないのか? と思っていた。しかし、コロナ禍ゆえか、僕のなかで考えが変化していった。

例えばこのサイトを見て欲しい。

ここに書かれている内容が本当ならば、モップやマットの再生率は97.6%! ダスキンにとっては再利用するほど利益率も上がるわけだから、できる限り再生していきたいわけで、八方よしな素晴らしい循環生産システムだ。つまりサーキュラーエコノミーの観点でダスキンを見た時、月額幾らといった価格の話を超えて、ダスキンの仕組みがとても魅力的にうつった。

「自分で持たずに社会で持つ」という、最近僕が考えているテーマにバッチリ見合っていると思ったのだ。

その話については、以前「マイボトル」から「シェアボトル」にという内容の記事を書いているので、よければぜひ読んでもらいたい。

とにかく「所有」より「利用」する仕組みを社会全体で考えることが必要なんじゃないか? と考えている僕は、初めてダスキンのモップを借りてみようと思った。

またその一方で、ダスキンさんは長年の努力で積み上げてきたこの循環生産システムをうまく伝えられてないんじゃないか?

もったいない。

SDGs、カーボンニュートラル、エシカル経済、サーキュラーエコノミー。これらの言葉は単なる流行りではなく、今を生きる僕たちが未来に向けて真剣に取り組まなきゃいけない大きな課題だ。そういった観点からダスキンのシステムを見た時に、もっと活用できることがあるんじゃないだろうか? と思った。例えば、コロナ禍で進む飲食店のテイクアウトやウーバーイーツなどの出前サービス。その器が使い捨てのプラ容器ばかりなことが僕はとても気になっている。

この #マイコンテナ が、 #シェアコンテナ になればどうだろう? ダスキンさんが飲食店にマットや衛生商材を配達回収するそのスキームで様々な店舗で共有出来るテイクアウト用の容器を配達回収してくれれば、無駄な使い捨てプラ容器を購入しなくて済むんじゃないか? などと考えた。

すでにダスキンが展開しているミスタードーナツでは、食品ロスに対する試みや、店内でのガラスや陶器でのドリンク提供、ドーナツを揚げた油の100%再利用など、さまざまな取り組みをされていたりするけれど、テイクアウトについてより、ダスキン本体の訪問販売グループとの連携を計ってくれたら相当よい取り組みになるのでは? と考えたりする。

そんなことを妄想しているうちに、実際にこのお話しをダスキンさんに話してみたいと思ったのだ。大きな企業さんだし、そんな簡単にことが運ぶわけはないけれど、何かしらこの声が届けばいいなあと思っている。


この「もったいない」から始まる提案について言うと、僕はさらにもう一社、とある企業の方にメッセージを送った。その企業とは富士フイルムさんだ。その内容はズバリ、

「写ルンです」がもったいない。

僕がはじめて循環生産システムの素晴らしさを目の当たりにして感動したのは、何を隠そう写ルンですの工場を取材させてもらったときだった。もう13年も前のことだ。

この続きをみるには

この続き: 694文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
ようやく更新開始です。先行して購入いただいた方、ありがとうございます!

2006年に創刊した雑誌「Re:S(りす)」編集長の藤本智士が、いまあらためてお届けする、あたらしい“ふつう”のnote「Re:S」。 日…

または、記事単体で購入する

もったいない、から始まる編集。

藤本智士(Re:S)

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
背中押してもらいました!がんばります!
編集者。1974年生まれ。『Re:S』『のんびり』『なんも大学』編集長。著書に『風と土の秋田』『魔法をかける編集』『アルバムのチカラ』。その他『ニッポンの嵐』『るろうにほん 熊本へ』(佐藤健)など手掛けた書籍多数。 http://bit.ly/satoshifujimoto