『BiG4の新卒コンサルタント』新卒研修を振り返って。
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

『BiG4の新卒コンサルタント』新卒研修を振り返って。

目次
・コンサルタントを志望した理由と本記事の留意点
・入社して感じたこと
 ・社員
  ・同期
  ・先輩
 ・会社
・新卒研修を振り返り
 ・研修の流れ
 ・研修で得たことや学んだこと

おはようございます。らいあんです。新卒でBIG4に入社し半月を迎えようとしているので、入社して私が感じたことを書き記そうと思います。

コンサルタントを志望した理由と本記事の留意点
下の文章は私の志望理由書です。この文書のとおり私は純粋なコンサルタントではなく、データサイエンスやデータアナリティクスに特化したコンサルタントであることを留意していただきです。

画像1

入社して感じたこと
ここからが本題ですが、私がコンサルティングファームに入って感じたことを書いていきたいと思います。

入社して感じたこと:①-①社員 /同期

同期の構成としては、3割が海外の大学卒業生、3割が大学院生、残りが学部生だと思いました。意外にも、理系と文系が半々くらいだと思います。コンサルタントなので同期の全員が超優秀なのかと思ういましたが、体感では1割が超優秀で残りは普通でした。ただし、英語が話せたり、会計資格を持っていたり、専門分野を持っていたり(主に理系院生)と自分に何かしらのアピールポイントを持っている人が多い印象を受けました。また、強調性とコミュ力が高い人が多い印象を受けました。

入社して感じたこと①-②社員/ 先輩
研修期間中に30人以上の先輩とお話をする機会がありましたが、みなさん頭の回転が早く、驚きました。また、プライドが高い人はいなくフレンドリーな方が多い方がほとんどでした。ただし、論理矛盾や思考が深くまでできていない箇所は確実に指摘されるため、それらの指摘が嫌な人は、先輩方に良い印象を持ってない可能性があります。また、新卒でコンサルタントになった人と事業会社から転職してきた人に大きな違いがあります。両者を比較すると、新卒でコンサルタントになった人の方が地頭が優れている一方で、専門領域に関する知見は転職組の方があると感じています。

入社して感じたこと②会社
コロナ禍ということもあり、完全リモートワークのため会社には一度しか行ったことがありません。オフィス環境については詳しく分かりません。会社の規定でオフィスで仕事をしたい場合は、予め上長に出社承認を得る必要があります。支給品としてパソコン(windows)、Iphone SE、Ipadをもらうことができ、またリモート補助として、ディスプレイやマイク、カメラなどを追加で支給してもらうことができます。また、オンライン飲み会なども頻繁に行われ、お弁当やお酒が会社から支給されます。プログラミングができる人には残念なことなのですが、会社の規定でgithubは使えません。さらにクラウド環境が全く整っていないので、タブローやpython等をローカルのPCに入れる必要がありますが、この際にセキュリティソフトに弾かれて使えないなどトラブルが頻出します。この点は早急に改善してほしいと願っています。

ここから先の新卒研修の振り返りについては別記事で書こうと思います。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!