QGISと登山用アプリ「ジオグラフィカ」を使った下刈りの進捗管理(1/2)
見出し画像

QGISと登山用アプリ「ジオグラフィカ」を使った下刈りの進捗管理(1/2)

秋田にQGISを広めたい人

この夏に行った下刈りの進捗管理をQGIS登山用アプリ「ジオグラフィカ」を使って行いました。


下図のように日ごとに作業した位置を取得し、そのデータをどんどん重ねていきます。(背景地図は地理院タイルの標準地図を使用)

印刷用(A4)

この手法により、

・メンバー間で進捗状況の共有ができる

・現状の作業効率(ha/人日)がわかり、作業完了時期を計算できる

上記のメリットを感じることが出来ました。


2回に分けて、その方法を説明します。


1回目の今回は下記の内容です。


1.ジオグラフィカのインストール

下記リンクよりスマホにインストールしてください。

無料の範囲内でも十分対応できますが、データの取得数などに制限があります。課金をすると制限が無くなります。


・iOS


・android


※本記事では説明に必要な最低限の機能しか紹介しません。他の機能については、こちらをご参照ください。


2.ジオグラフィカの使用方法ートラックのデータの保存ー

次にジオグラフィカの使用方法を説明します。

今回はジオグラフィカでトラックデータ(歩いた軌跡)を取得します。


アプリを開き、右にある足跡のアイコンをタップ

画像1

新規のトラックを登録する画面が表示されます。

画像2

トラックの名前を入力し「〇」をタップ

名前は取得した日付を入れておくと、後の作業時にわかりやすくなるのでおすすめです。

画像3

足跡のアイコンが緑色になり、トラックの取得が始まります。

※実際は現在地が赤い矢印で表示されます。

画像4

トラックの取得を終了する時も、足跡のアイコンをタップします。

トラックの情報が表示されるので、保存する場合は「☐」をタップ

画像5

確認のメッセージが出るので、よければ「YES」をタップ

画像6

これでトラックのデータが保存されます。

以上で、ジオグラフィカを使用したトラックデータの保存の説明を終了です。


3.データの送信

次に取得したトラックをPCで使用するために、データを送信する方法を説明します。

左上のメニューのアイコンをタップ

画像7

ファイルをタップ

画像8

トラックをタップ

画像9

先ほど保存したデータの左側の空いているスペースをタップします。

画像10

データ名の左側に「✔」が付いたら、下にある「✔」をタップ。

画像11

データの送信方法などを選択します。

今回はGPXエクスポートをタップ

画像12

共有する方法を選択します。

今回はDropboxに追加を選択しますが、ご自分で使いやすいものを選んでください。

画像13

選択した送信方法でデータを取得したらトラックのデータの送信は完了です。


4.QGISでの表示

最後に取得したトラックのデータをQGISに表示する方法を説明します。


QGISを開きます。

スクリーンショット 2021-08-28 095856

表示したいトラックのデータ(.gpx)を、QGISのプロジェクトにドラッグアンドドロップします。

すると下のような画面が表示されます。

スクリーンショット 2021-08-28 100050

使用するデータは「track_points」と「tracks」ですので、この2つをctrlを押しながら選択しOKをクリック。

スクリーンショット 2021-08-28 100552

指定した2つのデータが表示されました。

※このデータは実際に業務で使用したデータです。

スクリーンショット 2021-08-28 100815

以上で今回の説明は終了です。

次回は、一緒に作業したメンバーのデータを日ごとに表示する方法を説明します。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
秋田にQGISを広めたい人
QGIS が好きな自称・秋田にQGISを広めたい人。個人事業主として林業に従事。 林業×GISの可能性を追求中。 Twitterはこちら。https://twitter.com/akita_ni_gis