見出し画像

忙しい人が返事をくれない理由と、動いてもらうための5つのポイント

今日も「あんまり大声では言えない秘密のこと」を書いてみます。

私は普段、なかなかつかまらない忙しい人たちと働くことが多いので、どうにかして「確認してもらう」「承認をもらう」ために試行錯誤してきたポイントをまとめてみました。

今回の記事も、一緒に仕事してる人にはあまり読まれたくないので、仕事相手の人は読まないでください。笑

この続きをみるには

この続き: 2,554文字
記事を購入する

忙しい人が返事をくれない理由と、動いてもらうための5つのポイント

最所あさみ

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、今後のnoteに生かすための経験や他のクリエイターさんたちへのサポートに回していきます!note内で優しい循環を回していきたい。

ありがとうございます。おかげさまで明日もnote更新がんばれます!!
94
Retail Futurist / curator。「知性ある消費を作る」をミッションに掲げています。 将来は世界一の店舗メディアを作る予定。noteの有料マガジン「余談的小売文化論」とコミュニティマガジン「消費文化総研」もよろしくどうぞ!

この記事が入っているマガジン

余談的小売文化論
余談的小売文化論
  • ¥800 / 月
  • 初月無料

役にたつかどうかわからない余談のような話を中心に書いていきます。 主なトピックは小売や消費、店舗、そして文化について。 (Photo by tomoko morishige)

コメント (1)
同じ方法、よく使っています^ - ^1、取材のアポのとき2、原稿の確認の返信が欲しいときでまた、書き方を変えます。会社員の場合はcc.を入れておいて、送る方も受ける方も、複数の目を通すことで、いくつもバッファができるのでよいかなと。pcのメール以外は、返信なくてもいいってくらいの気持ちでいます^ - ^
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。