見出し画像

握手の数しか、票は増えない。

政治の世界で有名な「握手の数しか票は増えない」という言葉。

最近、この言葉は何にでも当てはまる汎用性の高いものなのではないかと思い始めました。

人は、直接会った人のことをそう簡単に悪く言えないようにできています。

そして、はじめは何とも思っていなくても、会ったときの印象がよければその感動を他の人にも伝えたくなるもの。

握手によって相手に好印象を残すことは、その一票だけではなく、相手の後ろにいる数十人の知人・友人を引き込むということなのだと思います。

今は政治家もTwitterやFacebookを通して自分の言葉を一度にたくさんの人に向けて発信できるようになり、そんな泥臭いことをしなくても認知してもらえる時代になりました。

しかし、どれだけネットが普及しても、ネットだけで選挙活動を完結させることができないのは、人への「愛着」は直接会うのが一番の近道だからでしょう。

1人1人に会って話を聞くのは一見非効率に思えますが、あるティッピングポイントを越えると、まるでオセロのように一気に味方の数が増える。

それこそが「握手の数しか票は増えない」という言葉の意味なのだと思います。

これは政治の世界にかぎらず、あらゆるサービスやプロジェクトすべてに言えることでもあります。

私は常に「迷ったらユーザーに聞く」ことが大切だと思っているのですが、その理由は新しい発見があるだけではなく、相手にとって「直接意見を言えた」という体験が満足につながると思うからです。

そして自分たちにとっても、誰を幸せにするサービスなのか、自分たちの存在意義は何なのかを再確認する機会でもあります。

サービスやプロダクト開発においては「うまくいきそう」と思う瞬間が一番危険で、そこには何かを作る情熱もなければ、受け手への想いや気遣いもありません。

だからこそ、ことあるごとにユーザーの顔を見て、言葉を交わし、事業を立体的に捉えていかなければならない。

どんなに立場が上がって自分の時間がとれなくなっても、「すべての答えはユーザーが知っている」という前提を忘れた瞬間、崩壊が始まるのだと思います。

どんなに偉大な製品もサービスも、誰かが使ってくれているからこそ存在し続けられる。

そのことを忘れずにいたいものです。

★noteの記事にする前のネタを、Twitterでつぶやいたりしています。

日々のコラムの最後に、海外の小売トレンドのニュースを載せています。
月額マガジンの購読or単品での購入もできます。

今回ピックしたのは「小売業界は、カスタマーエクスペリエンスの向上とECに勝つための利便性にフォーカスしている」という話題です。

ーーーーー 以下、購読者限定コンテンツ ーーーーー

この続きをみるには

この続き:2,828文字
記事を購入する

握手の数しか、票は増えない。

最所あさみ

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、今後のnoteに生かすための経験や他のクリエイターさんたちへのサポートに回していきます!note内で優しい循環を回していきたい。

ありがとうございます。おかげさまで明日もnote更新がんばれます。
87
Retail Futurist / curator。「知性ある消費を作る」をミッションに掲げています。 将来は世界一の店舗メディアを作る予定。noteの有料マガジン「余談的小売文化論」とコミュニティマガジン「消費文化総研」もよろしくどうぞ!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。