株式会社Minto
Web3エコシステムとの懸け橋に。数々のコンテンツ事業開発を経験した私がMintoで挑戦したいこと 【入社エントリー】
「ロシア」「ウクライナ」に関係する内容の可能性がある記事です。
極端な内容・真偽不明の情報でないかご注意ください。ひとつの情報だけで判断せずに、さまざまな媒体のさまざまな情報とあわせて総合的に判断することをおすすめします。 また、この危機に直面した人々をサポートするために、支援団体へのリンクを以下に設置します。 ※非常時のため、すべての関連記事に注意書きを一時的に表示しています。
見出し画像

Web3エコシステムとの懸け橋に。数々のコンテンツ事業開発を経験した私がMintoで挑戦したいこと 【入社エントリー】

株式会社Minto

Mintoは、2022年1月にクオンとwwwaapという2つの会社が統合してできた漫画・アニメ・キャラクター等のコンテンツプロデュースカンパニーです。
統合をしてからというもの、ユニークな才能を持つ社員が続々と入社しているMinto。今回は、そんな直近の入社者へ自身のキャリアやMintoへの入社理由についてインタビューをしてみました。第一回は、MintoでWeb3領域での事業開発を担う箭内実(やない みのる)さんです。

まずは経歴を教えてください

箭内(やない)と申します。これまでは会社員としても、個人としても色々なことをやってきました。
元々はモバイル向けのコンテンツサービスプロデュースや関連した事業開発担当などを手がけてきて、過去にはまんが王国のサービスの立ち上げやそのマーケティング、大量のアンドロイド・アプリ開発、配信、グロースなどにも携わっています。
その後は自身の会社でWebベースのゲームプラットフォームを立ち上げたり、中国上場企業へ日本進出のファーストメンバーとして参加などしましたが、結果は大失敗。そんなどん底のタイミングで、アドイノベーションという会社のCEOの石森さんから声をかけてもらったんです。

このアドイノベーションではゲームパブリッシング事業の立ち上げで入社しました。事業自体は、テスト的にミニゲームを何本かローンチして早々に撤退となってしまったのですが(笑)、その際にロシアや東欧諸国とのパートナー開拓など、大変面白い仕事が出来ました。

ロシアのパートナーのオフィス
エストニアの某ゲームカンファレンス

そんな状況でしたが、幸運なことに海外展開、海外パートナーシップ開拓など、色々と任せてもらえる事になり、事業復活から成長につながる案件を仕込むことが出来ました。
その後のパートナーの1社だったイスラエルのTapticaという上場企業からの買収案件をリードすることとなり、その経験も大変面白いものでした。

エルサレム

Mintoへの入社の決め手は何だったのでしょうか?

Mintoへの入社は比較的シンプルで、CEOの水野さんからのお誘いでした。

会社員をやりながら個人で法人をもっていて、旧クオンでは協業案件として小さなNFTプロジェクトを行なったり、私がパートナーを開催して来たNon-Fungible Tokyo (NFT Tokyo)というカンファレンスへ参加してもらうなど、Web3領域で公私ともにお付き合いさせてもらっていたんです。MintoとしてのWeb3への挑戦は面白いな、と感じたことが入社のきっかけです。

NFT Tokyo 2021

箭内さんからみて、Mintoはどんな会社だと思いますか?

第一にクリエイターへの尊敬をベースに事業を行なっている会社というのが印象的です。ただ、シンプルにクリエイターを尊敬して事業を行なうだけでは無く、広告キャンペーンや自社コンテンツを行なう際には綿密な計画や実行力をもって、双方に収益化を行なえるしっかりしたプロデュース力、営業力のあるのが、大変素晴らしいと思いました。

また、クリエイターに対して顧客に対して、社内のメンバーに対して相互協力の考えやアプローチが徹底していて、良い意味で「良い人達」の集まりかと思います。

最後に、これからMintoでやりたいことを教えてください

MintoではWeb3領域の事業開発担当、特に海外向けになるので、海外パートナー開拓を中心に色々なことを仕込みたいと思っています。

現在、The SandboxなどのTier1のクリプト・メタバースのプラットフォームを中心に事業展開を行なっていますが、このプラットフォームでのJP IPをトッププレイヤーとして強化すると共に、自社展開、他社展開を問わず色々なメタベース展開を開拓して行きたいと考えています。

Move to earnも大きな潮流になっていますし、宇宙を題材にしたメタバースやファンタジー世界観のクリプトメタバースも注目されています。2〜3年間はゲーム系のクリプト・メタバースが市場を牽引していくと思うので、そこに注目しつつパートナー開拓を行うことが重要となるでしょう。

有難いことに業務委託の状況でマイアミへ行かせてもらうなど、かなり大胆な事をさせてもらってもらいました(笑)。6月にはニューヨークのカンファレンス参加など、海外展開、パートナー開拓などアグレッシブにやっていきたいと思います。

Crypto and Real Estate Summit 

最後に、Web 3では相互メリットを最大化(経済、サービスの民主化)することが基本的な考え方です。そういった意味で、Mintoの会社としてのスタンスが凄くフィットすると思いますので、会社に対してWeb3のエコシステムとの懸け橋になれればと思っています。

最後に

Web3に関する事業を積極展開している当社では、採用活動も絶賛実施中です。ご興味あるかたはぜひご一読ください。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
株式会社Minto
アニメ・漫画×SNSの株式会社wwwaapと、グローバルキャラクタープロデュースの株式会社クオンが経営統合し22年1月に誕生した会社です。漫画・アニメクリエイターのためのクリエイターエコノミーを創り、世界に届くコンテンツを増やし続けます。