新説: 最後の審判 (将棋)

3

新説: 最後の審判 2. 将棋ルールの整理

1. ギミックの解説 で述べた通り、最後の審判は「打ち歩詰め」(うちふづめ)と「連続王手の千日手」の2つのルールを組み合わせたところが肝である。した…

新説: 最後の審判 1. ギミックの解説

概要編の続きです。 いきなり打ち歩詰めや千日手の詳細ルールの解説に入ろうかと思ったんですが、よく考えたらそもそも最後の審判の何が面白いのかを説…

新説: 最後の審判 (将棋) 概要編

詰将棋界における20世紀最後にして最高の問題作、「最後の審判」。1997年1月、詰将棋パラダイス誌にて発表。作者は縫田光司氏。 この作品が登場したと…