マガジンのカバー画像

Qosmo Lab

10
「Qosmo Lab」では、Qosmoのメンバーの実験的な取り組みやプロジェクトの技術解説、制作の裏話などを個性豊かに配信しています。 Medium (English) htt… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

Qosmo Mask 2022

Qosmoでは、2022年の新年のご挨拶として、昨年同様オリジナルのマスクをデザインしました。今年は、CLIPと画像生成モデルを使用してデザインを行いました。この記事では、そのデザインにおけるコンセプトや手法について記します。 Concept改めまして「Stay safe with an AI-generated tiger mask, Best wishes for 2022!」 2022年の干支は寅年、QosmoはAI技術を用いてタイガー・テクスチャのマスクを制作しま

スキ
4

AI研究と音楽表現 - テクノロジーの「誤用」をめぐって

このところ少し時間ができたこともあり、音楽の領域で新しいテクノロジー(サンプリング、シンセサイザー、ターンテーブル etc)がどのように使われてきたか、改めてその歴史を振り返っています。 音楽とテクノロジーの歴史の中で繰り返し現れるモチーフ。それは、アーティストがテクノロジーの開発者の意図からは「ズレた」使い方をすることで、新しい表現が生まれるというサイクルです。音楽テクノロジーの歴史は「誤用」の歴史である、そのことを痛感しています。 ‘The history of te

スキ
4

Emergent Music / 創発する音楽

※本記事はMedium掲載のBogdan Teleagaによる記事「Emergent Music」を翻訳したものです。 「誰もいない森で倒れた木は、音を立てるのか?」 アイルランドの哲学者ジョージ・バークリーによるこの問いはよく知られています。 しかし、みなさんは以下の問いについて考えたことはありますか? 「森の中や海の中で音楽が作られても、それを聴く人間がいなければ、それは音楽だろうか?」 私たちの見方や偏見が現象に反映され、まったく新しい意味を持つことがあります

スキ
1

今際の国のアナタ - 強化学習による行動生成エンジンを用いたゲーム開発

今回は、Netflixオリジナルシリーズ『今際の国のアリス』の公開を記念して、エナジードリンク『ZONe』とコラボレーションした、"本能"のみで操作する新感覚ブラウザゲーム『今際の国のアナタ』について、Qosmoが担当した人工知能部分を取り上げたいと思います。 まずはじめに、本ゲームの元となった『今際の国のアリス』について簡単に説明させていただきます。 『今際の国のアリス』は、 麻生羽呂さんによる漫画が原作で、2020年12月に、Netflixオリジナルシリーズ『今際の国

スキ
3

SIAF2020 Matrix

※本記事はMedium掲載のRobin Jungersによる記事「Building an online exhibition space」を翻訳したものです。 ※プロジェクト詳細に関しては、Qosmo公式サイトをご覧ください。 OVERVIEW 札幌国際芸術祭(略称:SIAF)は、3年に一度札幌で開催される芸術の祭典です。現代アートやメディアアートの作品を紹介するとともに、札幌の魅力を国内外に発信しています。3回目となるSIAF2020は残念ながら新型コロナウイルス感染拡大

スキ
1

『4D DRAWING』展に寄せて

表参道のTIERS GALLERYにて『4D DRAWING』展を開催します。本展覧会では、クリエイターの深地宏昌さんとのコラボレーションで制作した作品群を展示します。 BACKGROUND『4D DRWAING』展のテーマは「4次元」です。ここでの「4次元」は数学の研究分野であり、「4次元ユークリッド空間」のことを指します。2次元の「正方形」、3次元の「立方体」のように、4次元にも「超立方体」と呼ばれる図形があります。私たちは3次元までの世界しか見ることができず、この4次

スキ
24

光学的タイポグラフィーYCAM OpenLab 2018

上図は2018年に私がデザインした「YCAM OpenLab 2018」のポスターです。紙面全体に敷きつめているイメージは、写真家山本渉氏とYCAM InterLab(私は当時YCAMに勤務していました)とで共同制作したものです。簡単に記すと「太陽光がY型の氷文字を通して写しだされたイメージ」です。今回はこの写真のプロセスを具体的に記していきたいと思います。 アイデア アイデアスケッチの際に2つの条件をつけました。ひとつには前年「YCAM OpenLab 2017」のヴ

スキ
3

Qosmo Mask 2021

Qosmoでは、2021年の新年のご挨拶として、GANのアルゴリズムを用いてマスクをデザインしました。今回は、そのマスクのデザインについて記したいと思います。 今回の柄生成では、幾何学パターンとGAN特有の崩れた質感を組み合わせたい、というのが基本的な方針でした。GANによる画像生成では、まず学習データとなる画像を多数用意する必要があります。今回の場合では、幾何学パターンの画像をスクレイピングする、あるいは幾何学パターンの学習素材を生成するためのアルゴリズムを別途開発して学

スキ
6

Realtime Fluid Experiment

IntroductionUnityを用いてリアルタイムでの流体表現の実験を行いました。 Stable Fluids リアルタイムにおける流体表現では、Stable Fluidsという手法がよく用いられます。Stable FluidsはJos Stam氏が1999年にSiggraphにて発表した格子法による流体シミュレーションです。GPUを用いた並列計算によって高速にシミュレーションを行うことができるため、リアルタイムでの動作が必須なゲームやアプリケーションにおいて広く利用さ

スキ
6

世界的ダンサーと人工知能 - AIはダンサーの創造性を刺激できるか

--- 今回は人工知能(AI)によって、ダンサーの創造性を拡張しようとしたプロジェクトのお話。 "Israel & イスラエル - Israel Galvan + YCAM"2017年末から筆者は、ある著名なフラメンコダンサーとのプロジェクトに関わっています。フラメンコ?と不思議に思うかもしれませんが、AIを用いて、フラメンコというダンス表現をどう拡張できるかという試みです。山口県にある国内屈指のメディアアートを扱う美術館、研究機関であるYCAM(Yamaguchi Ce

スキ
7