クイーンズメドウ・カントリーハウス(農業法人 株式会社ノース)

クイーンズメドウは、遠野盆地の北側に位置し、広葉樹を主とする森と3本の小沢を抱える里山…

クイーンズメドウ・カントリーハウス(農業法人 株式会社ノース)

クイーンズメドウは、遠野盆地の北側に位置し、広葉樹を主とする森と3本の小沢を抱える里山にあります。森と牧草地で馬たちを放牧し、田畑でささやかな農業を営んでいます。馬と人とが共にある暮らしを営むことで遠野らしい美しい景観が続いてゆくことを願い、1999年に開拓を始めた事業です。

最近の記事

馬と過ごす2泊3日のプログラム |うまのまにまに<春編> 2024年4月13日(土)~15日(月)

山わらい花ほころぶ遠野の春、 <身体感覚>と<コトバ>のあいだで 馬と舞う じっと冬を耐えしのいできた木や草が、いっせいに芽吹く遠野の春。コブシ、マンサク、ニリンソウ‥春の訪れを告げる花がほころび始める4月、馬と過ごすプログラム、うまのまにまに<春編>を開催します。 森の中で、馬の大きな存在と向き合いふれあいながら、内側から開かれていく身体感覚にたっぷりと浸り、そこからコトバを紡いで交感するプログラムです。 雪解けの土の中から鮮やかで艶やかな芽吹き 馬は、冬毛を土ぼこり

    • 馬と過ごす2泊3日のプログラム |うまのまにまに<冬編> 2024年2月3日(土)~5日(月)

      冬の遠野、透明な光のなかで 馬と言祝 (ことほ)ぐ <身体感覚>と<コトバ> 寒さが極まって透明な光の2月、馬と過ごすプログラム・うまのまにまに<冬編>を開催します。森の中で、馬の大きな存在と向き合いふれあいながら、内側から開かれていく身体感覚にたっぷりと浸り、そこからコトバを紡いで交感するプログラムです。 干し草をひたすら、はむ。 白の光の中で、静かに佇む。 白い世界から馬は人を誘う。 鼻息の温かさに草の記憶。 過冷却の沢水と鮮やかな緑の苔。 白い世界で、微かな生

      • 馬と過ごす2泊3日のプログラム |うまのまにまに<秋編> 2023年11月10日(金)~12日(日)

        ひらく、ふれる、かわす、 馬と深める <身体感覚>と<コトバ> 山から、里へ。 馬だけの群れから、人と馬の群れへ。 遠くから眺める、から、近づいて交わる、へ 。 心を開いて全身でかかわる、出会い直す時間へ。 馬のスペースにまぎれこむ、 人の時間がほどけて馬にひらいていく。 岩手県遠野市では、秋、5月末から10月末まで高原で群れとして過ごした馬たちが、人里へ降りてきます。人との暮らしが再び始まる11月、この土地では、人と馬が出会い直して、関係性を新たに紡いでいきます。そん

      馬と過ごす2泊3日のプログラム |うまのまにまに<春編> 2024年4月13日(土)~15日(月)