讀解_難経本義諺解_2_1

【讀解「難経本義諺解」】一難(本文①)

全文

①一難曰.十二経皆有動脈.独取寸口.以決五蔵六府死生吉凶之法.何謂也.
②然.寸口者.脈之大会.手太陰之脈動也.
③人一呼脈行三寸.一吸脈行三寸.呼吸定息.脈行六寸.人一日一夜.凡一万三千五百息.脈行五十度.周於身.漏水下百刻.栄衛行陽二十五度.行陰亦二十五度.為一周也.故五十度.復会於手太陰.寸口者.五蔵六府之所終始.故法取於寸口也.

本文①

一難曰.十二経皆有動脈.独取寸口.以決五蔵六府死生吉凶之法.何謂也.

一の難に曰く、

(諺解)

 按ずるに、始め越人著す所の本書には、ただ各々「難に曰く」と云ふのみ。然るを『難経』の書、華佗が煨燼の余となりしを、呂廣これを考へて雑乱の編章を正せり。
 その時にこのごとく一より八十一までの数字を加えて、その編次をして乱ざらしむるなり。

(解説)

 元々、越人の書いた本には、ただ「難に曰く」とあるだけでした。華佗が燃やした『難経』の燃え残りを呂広が再編したときに、一から八十一までの数字を加えて順番を整え、乱れないようにしました。


十二経皆な

(諺解)

 何れの経にも皆。

(解説)

 十二経絡すべて


動脈有り、

(諺解)

 按ずるに、本義には十二経の中、その動脈の盛んなる者を挙げて注すといえども、越人の意は然からず。ただ十二経脈、各々何れも皆な動脈ありと、広く言うのみ。必ずしも肺経には中府、雲門、天府、俠白の動脈。大腸経には合谷、陽谿等の動脈盛んの者ありと云ふには非ず。ただ広く「十二経皆な動脈有り」と見るべし。抗滞することなかれ。

(解説)

 本義には、十二経絡の中で動脈の盛んな経穴をあげて注釈していますが、越人の本意は違います。ただ十二経絡には、それぞれ動脈がある、と広くいっているだけです。
 必ずしも肺経には中府、雲門、天府、俠白の動脈拍動部があり、大腸経には合谷、陽谿等の動脈拍動部があるとは言っていません。
 ただ「十二経絡にはそれぞれみんな動脈拍動部がある」と解釈すればいいでしょう。固執してはいけません。


独り

(諺解)

 諸経何れも皆動脈あり。その諸経の中において、独り肺経寸口の動脈を取ることを問うなり。
「独」とは手太陰肺経を指して云う。

(解説)

 各経絡にみな動脈拍動部があるのに、『難経』において、なぜ肺経の寸口の動脈だけを診るのかと聞いています。
「独」は手太陰肺経を指していいます。


寸口を取りて

(諺解)

 寸口に諸説ありて同じからず。
 この一の難の本義にいわゆる「寸口は気口を謂ふなり。手の太陰魚際より却き行くこと一寸の分に居す」と。これ寸部を以て云う。張世賢もまたこれに同じ。廣呂、熊宗立は右寸とす。
 また二の難の本義には、三部を通して寸口とす。天民。張介賓もこれに同じ。
 然るときは則ち本義の意は、あるいは寸を以て寸口と為し、あるいは三部を以て寸口と為し、その編に従いて寸部とも、三部とも見て両用にす。王冰もまたこれに同じ。
 これに由て後世に、通別の弁あり。寸関尺の三部を総て寸口とするを、通称の寸口と云ふ。三部のうち、寸の一部を寸口とするを、別称と云う。滑伯仁、王冰は、編によりて、あるいは通称、あるいは別称として、一ならず。然れども、『難経』、内経に謂う所の寸口は、通別の分かちなく、皆寸関尺の三部を通して寸口と称する者なり。

(解説)

 ここでいう「寸口」という言葉の解釈はいろいろあります。
 この一難の『本義』の解説には「寸口とは気口のことをいい、手の太陰魚際の後ろ一寸にある」としています。張介賓も同じ考えで、広呂や熊宗立は右の寸のみとしています。
 また二難の『本義』には「三部を通して寸口」と解説しています。寸関尺すべてを「寸口」としています。張介賓、愚天民も同じ考えです。
 これらをまとめると、時には「寸部」を寸口とすることがあり、また時には「寸関尺」の三部すべてを寸口とすることがあるということです。王冰も同じ考えです。後世では、寸関尺の三部すべてを寸口とするのを「通称」の寸口といい、三部のうち寸だけを寸口とするのを「別称」としています。滑伯仁や王冰は、編によって、どちらの意味でも使っています。
 しかし『難経』や『黄帝内経』でいう「寸口」は、寸関尺三部すべてをまとめたものを寸口としています。

(諺解)

 この第一難の寸口も、また三部を総て言う者なり。張介賓、愚天民の説を得たりとす。そのあるいは右寸のみを寸口とする者は誤りなり。
 西晋の王叔和が脈経に至りて、始めて右の寸後、関前の一分を以て寸口とし、左の寸後、関前の一分を以て人迎とすることありといえども、これもまた素難の本旨には非ざるなり。

(解説)

 この一難でいうところの「寸口」も、三部すべてをまとめたもののことです。張介賓、愚天民の説が正しいといえるでしょう。右寸だけを寸口とするのは誤りです。 

(諺解)

○五藏別論次注に云う。「気口は則ち寸口なり。また脉口と謂ふ。寸口を以て気の盛衰を候ふ、故に気口と曰ふ。以て脈之動静を切にすべし、故に脈口と云ふ」云々。曰く、寸口、曰く、気口、曰く、脈口は一処三名なり、と知べし。名の義は右の次注の説の如し。

(解説)

 『素問』五蔵別論(11)の次注では
「気口とは寸口のことであり、脈口ともいいます。寸口の脈を診て、気の盛衰を候うので、気口といいます。脈の動静を接して診るので、脈口といいます」
 だから、寸口とも気口とも脈口ともいい、一ヶ所で名前を三つ持っていると思ってください。

(諺解)

○あるいは問ふ、素難に謂ふ所の寸口は、ことごとく三部を通して云ふ者に止るか。曰く、前の弁の如く、皆な通称にして別称の義なし。
然れども『素問』至真要大論の南北政に謂ふ所の寸口のみ、独り寸部を指に似たり。然れども運気七編は、内経の要編たりといえども、素より伝る所の者には非ざるに似たり。
かつ、『難経』八十一編の中に存する所の寸口は、ことごとく三部を統へて言ふの名なり。別称の義あることなし。

(解説)

 『素問』『霊枢』『難経』でいうところの「寸口」は、すべて三部まとめたもののことをいっているのですか?
 前述しているように、みんな三部をまとめた「通称」で、寸のみを指す「別称」の意味はありません。
 しかし、『素問』至真要大論(74)の南北政でいう「寸口」のみ、寸部のみを指しているようです。ただ、運気七編は『内経』の大事な編ではありますが、元々伝わったところが違うといわれています。
 そして、『難経』八十一編の中でいう「寸口」はすべて三部をまとめた通称のことをいっています。別称の意味はありません。


以て五蔵六府死生吉凶の法を決すとは、何の謂ひぞや。

(諺解)
 言意は、人の十二経脈には皆なことごとく動脈あり。然るに諸経の内に於て、独り肺経の流れに繋る所の動脈のみを取て、これを以て五蔵六府の気を候ひ、死生を別ち吉凶を定め、一切の診法を此の寸口の動脈にして決断決定する者は、何れの謂ぞやと問いなり。

(解説)

 人の十二経絡すべてにそれぞれ動脈拍動部があります。なのに肺経の動脈のみを診て、五臓六腑の状態を知り、死生を分け予後を決めるのはどうしてですか?

(諺解)

〇案ずるに、越人が齊の桓公の病を知るがごとき者は、これ死を決し凶を定るの義例なり。
また彼の趙簡子が甦るを知るがごときは、生を決するの義例なり。
また虢の太子の死厥を活かすがごときも、生を決し吉を断すの義なり。
これ皆な越人寸口の脈を以する者に非ずんば、之を知り之を活かすこと此の如きこと能わず。然るときは則ち寸口は、蔵府死生吉凶の診法を是に於て決断する者なること明かなり。

(解説)

 越人が斉の桓公の病気を言い当てたというのが、「死を決し凶を定める」ことの例です。また趙簡子が甦ると分かったのは、「生を決する」の例です。虢の太子の尸厥を治したのは「生を決し吉を断す」の例です。
 これらはすべて越人が、寸口の脈を診ることができるぐらい技術が高くなければ、分かることがなく治すこともできなかったでしょう。寸口の脈を診ることで、蔵府死生吉凶を決断することができるようになります。
 
(諺解)

○あるいは問ふ。内経を誦むに、三陽の変は人迎に候ひ、三陰の病ひは寸口に診す。如何して人迎を略して寸口のみを問答するや。
曰く、人迎は足の陽明胃経の脈動なり。寸口は手の太陰肺経の脈動なり。
肺は百脈を朝し、脈は太淵に会す。太淵は寸口の地なり。かつ五蔵は五神の宮たり。蔵脈は寸口を以て主とす。
故に越人問答、独り寸口を以して人迎に及ばざる者か。

(解説)

 『内経』を読むと、「陽の変動は人迎を診て、陰の変動は寸口で診る」とありますが、どうして人迎を診ずに寸口のみを診るのですか?

 人迎は足の陽明胃経の脈動で、寸口は手の太陰肺経の脈動です。肺はすべての脈を集めて、すべての脈は太淵で会います。太淵は寸口にあります。五臓は五神が入るところで、もっとも大切な部位です。その臓の脈を診るのは寸口です。
 ですから、越人は寸口だけを問題にしているのです。


(まとめ)

◎寸口部の脈のみを診て、五臓六腑の状態をうかがい、その難易や予後を知ることができるのはなぜか?

・「寸口」とは手首の橈骨動脈を指し、寸口・関上・尺中の三部すべての総称として用いる場合と、示指を置いた寸部のみを指す場合がある。

・王叔和は『脈経』にて、右の関前の一分を寸口とし、左の関前の一分を人迎としているところがあります。

・三部すべての総称として用いる場合は、「通称」とよび、寸部のみを指すときは「別称」とよぶ。

・『黄帝内経』や『難経』では、すべて「通称」として用いている。

・滑伯仁や王冰は、編によって「総称」と「別称」を使い分けています。

・寸口は別に「気口」・「脈口」ともよばれる。


*「千葉大学古医書コレクション」にて原本の閲覧が可能です。

岡本一抱 「難経本義諺解」巻之三

著者/太田智一・大上勝行
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

こんにちは「NISHIZUKA LABO」です。 私たちは、鍼灸、古典医学、経絡治療、東洋医学の普及・伝承のため、電子コンテンツを活用し、出版社や部数にとらわれることなく少人数を対象にした情報発信や、販売部数の読めない若手・新人などの発掘・育成に努めてまいります。

やったー!
4
『図解よくわかる経絡治療講義』の著者、大上勝行による電子研究所。電子書籍・ビデオ配信などにより、鍼灸・古典医学・経絡治療・東洋医学の情報配信を行います。[HP]https://www.nzlabo.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。