マガジンのカバー画像

【「景岳全書」婦人科を読む】part.1(*無料)

7
*「part.1」は全文無料公開しています。 看護師で助産師の私は、鍼灸師となり女性の健康に寄り添う中で、先人たちは女性の身体の不調や疾患について、東洋医学的にどのようにとらえて… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

【「景岳全書」婦人科を読む】0. はじめに

 病院勤務していた頃、ベテラン助産師の「最近の赤ちゃんは冷えてるわ。生まれてすぐなのに赤…

100

【「景岳全書」婦人科を読む】1. 序

張介賓 字は「会卿」、号は「景岳」。室名を「通一子」とも号していました。西暦1563年、明の…

100

【「景岳全書」婦人科を読む】2.婦人規上 2-1.総論類 婦人九證一(1)

【本文①】婦人諸病、本與男子無異、而其有異者、則惟経水胎産之属。 故本門亦止列九証、曰:…

100

【「景岳全書」婦人科を読む】2.婦人規上 2-1.総論類 論難易二(1)

【本文①】諺云:寧治十男子、莫治一婦人。 此謂婦人之病不易治也。何也? 不治婦人之病、本與…

100

【「景岳全書」婦人科を読む】2.婦人規上 2-1.総論類 論難易二(2)

【本文②】蓋以婦人幽居多鬱、常無所伸、陰性偏拗、毎不可解。 加之慈変愛憎、嫉妒憂恚、罔知…

100

【「景岳全書」婦人科を読む】2.婦人規上 2-1.総論類 論難易二(3)

【本文③】然尚有人事之難、如寇宗奭引黄帝之論曰:凡治病、察其形気色沢。 ……形気相得、謂…

100

【「景岳全書」婦人科を読む】2.婦人規上 2-1.総論類 論難易二(4)

【本文④】今富貴之家、居奥室之中、処帷幔之内、復有以綿帕蒙其手者、既不能行望色之神、又不能尽切脈之巧。 使脈有弗合、未免多問。 問之覚繁、必謂医学不精、往往并薬不信。不知問亦非易。其有善問者、正非医之善者不能也。 望聞問切、欲於四者去其参、吾恐神医不神矣。 世之未通患、若此最多、此婦人之所以不易也。 故凡医家病家、皆当以此為意。 【書き下し】今富貴の家、奥の室の中に居り、帷幔の内に処(す)む。また綿帕を以て、その手を蒙うものは、既に望色の神行うこと能わず。また脈を切するの巧

スキ
2
有料
100