見出し画像

ターゲットは担任の先生!傾聴力とデザイン思考の実践。

プロジェクトN(N/S高)

■21世紀スキルとの連携授業

事前に21世紀型スキルの授業で「傾聴力」と「デザイン思考」について学んだあと、実際にその成果をアウトプットするためにAdobeソフトを活用しチーム毎にデザインの企画、そして提案しました。

◾️ターゲットは担任の先生

先生が叶えたい夢を、架空のマジカルフレームに映し出すプロジェクト。
生徒はチームに分かれ、デザイン思考をベースにPhotoshopやPremier Rushを使い、デジタルアートで表現しました。新入生・既存性が協力して、数々の生徒作品に先生方も感動されていました。

■Adobe社現役デザイナー講演

デザイナーの仕事とは、というお話から実社会で経験されているデザインシンキングのお話やアートシンキングとの対比、さらにAdobe最新情報について詳しく教えていただき、課題制作のヒントを得ました。
高校生がAdobeのソフトを使う意義についても分かりやすく教えていただき、たくさんの生徒の心に響いた様子でした。

講演の満足度はなんと90%以上!

■成果物発表

各キャンパスでの発表があり、その中から選出されたチームが中継で全国共有会を開催しました。発表に緊張していた様子でしたが堂々と発表し生徒達の達成感に繋がりましたね♪


対象:αクラスに所属する生徒

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!