新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

タイトルロゴ制作「 SOL LEVANTE 」

これは2020年4月からNetflixでオリジナルアニメ作品として190カ国世界配信されているアニメ作品のタイトルロゴ制作のお話です。監督は齋藤瑛氏。作品はプロダクションI.GとNetflixの共同制作です。世界初の4K HDR手描きのアニメーション作品として日本から発信しようというプロジェクトでした。

SWITCHによる齋藤監督率いる制作チームのインタビュー記事はこちら。

齋藤瑛監督のサイトはこちら。


それは突然に来た!

私に起きた突然の出来事、本当の話をさせていただきます。
2019年の12月に突然それは起きました。私は絵描きでありつつも現在はセッションやワークをメインに活動しています。そんな私の文字や絵を約10年ほど前に見ていたという齋藤監督から突然の緊急依頼が来ました。

アニメの制作をしている齋藤監督は、世界初の4K HDRの手描きアニメーション作品の制作が終盤に差し掛かっている頃でした。その監督から急に「タイトルロゴを描いてください」とお願いが来てしまったのです。

締切りまでなんと5日。いろいろ巡って私の所にやって来たお話のようです。監督の納得のいく文字が欲しいという要望も強く、ぎりぎりまで考え抜いたそうなのですが声をかけていただいたとのこと。さらに作品は最終仕上げの段階へと入っていく過程でしたので、すでにこの時公開されているメイキング(2019年秋公開)に入っているロゴは仮のものとして入っている状態であって、ぎりぎりで差し替えるとのことでした。

あまりに急なことで、驚いたのですが、早速資料を拝見させていただくことになって送っていただきました。イメージの柱となっているのは「縄文」「神話」「東方の太陽」「夜明け」ということ。あとはお任せする、自由に描いてくれ、とのことでした。この段階で私が見たのはメイキング映像のみ。さて、いったいどうするんだ? どうなるんだ? 正直冷や汗でした。


発表されている物語のあらすじ

辿り着いた者の望みを叶えると言い伝えられる「聖地」を探して、ソワフとオブリヴィオンは遺跡を暴きながら旅をしている。ある時「遺跡の守護者」と「聖地の四大精霊の怒りに触れてしまった二人が次第に追い詰められていくが、そこに…。というお話ですが、監督はまだまだ全てを明らかにはしていません。長尺での展開が可能な物語となっているようです。今回の4分間の作品はその物語のダイジェスト版と言えるでしょう。

画像1

いくつかの画像にロゴを配置したものを特別に監督から送っていただきましたので、こちらで記録の意味も含めて掲載させていただきます。ソワフが弓を射る瞬間の場面です。


画像2

これはソワフと共に旅をしているオブリヴィオンが発動しているところ。


手描きのロゴ、無事に納品へ

イメージの海の中へとキーワードを放り投げます。その後数日間、何度も何度も頭の中に描いては消すということを繰り返していると、やがて「あっ、これ」と思う映像が急に現れて広がっていきました。それを紙に落とします。

2019年12月中旬に和紙に筆で描いた作品を監督に直接お渡ししました。広げて見た瞬間の監督の反応は今でも覚えています。そこからは全てをお任せしました。

今回のこの作品は約4分。台詞はありません。その代わりに特別に用意されたのは音楽、音響です。作曲も今回特別にハリウッド映画やNetflixの作品で活躍中の女性作曲家が書き下ろし。さらに生のオーケストラを特別に編成して録音するという豪華版。音響もハリウッド映画で活躍中の方々が多数参加してロスにあるスタジオで絵と音を合わせて最終調整、そして完成へ。齋藤監督もこの時には現地入りしています。


そして新しい時代に向けて公開、世界配信へ

画像3

想像もしないサイズのお話に運ばれて、とうとう世界同時配信の日は来てしまいました。それまで見る機会が無かったので、公開の時に私は初めて作品を見ることになりました。

そしてもう一度私は驚かされます。タイトルの登場する場面が、お話の中でとても重要過ぎる部分だったからです。

「そ、そ、それ、聞いてないよ!」としばらく私は固まっていたのでした。

それがどういうことなのかは、作品を観ていただいた方にはきっとわかっていただけると思います。そういう流れの中にあるタイトル表現だとは聞かされておりませんでした。冷や汗の連続です。

エンドロールには、メインタイトルデザインということで名前を出していただきました。エンドロールに名前が出るなんていうことは、生まれて初めての出来事です。

様々な事件の連続も山のように有り、様々なことをなんとか乗り越えて「SOL LEVANTE」はようやく誕生したそうです。たくさんの工程を経て、たくさんの方々の目に触れて、最後の最後までこのタイトルロゴが残ってくれたことは私にとっては奇跡のようで、とても有り難い経験となりました。

加えて、当初予定されていた公開直前に世界中が新型コロナウィルスによる大変な事態となり、配信延期ということもありました。4月の配信後においても、様々な発表の機会や会議、イベント等が数々予定されていたようですが、現在も中止となっています。

今回のこの作品の挑戦が、次の時代の新しいアニメの制作や発表へと繋がっていきますように。作品を観る側としてこれからを楽しみにしています。


最後に、この度は齋藤瑛監督、他スタッフの方々、プロダクションI.G様、Netflix様に大変お世話になりました。心よりお礼申し上げます。皆様の今後の更なるご活躍をお祈りしております。ご縁をありがとうございます。




直接お取引をさせていただいた企業様
株式会社 プロダクション I.G


この記事が参加している募集

私の仕事

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

運営や創作の活動資金にさせていただきます。たくさんある願いのひとつずつをカタチに。ありがとうございます。 Twitterもご覧ください。https://twitter.com/SanaeMizuno

スキって嬉しい!
7
自営業。9分割理論を軸に占星術、タロットパスワーク、十牛図お絵描き、立体ライフシンボル、誘導瞑想等、感情解放&多次元に生きる本性の自分自身と出会っていくワーク&鑑定ベースの相談業と。2017年~紹介予約制のみ。渋谷区アトリエで15年目の実践と研究の日々。あと、書きます。

こちらでもピックアップされています

仕事の現場から、そして日常の七色日記
仕事の現場から、そして日常の七色日記
  • 14本

仕事の現場からのことや日常のこと、色々な出来事から。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。