見出し画像

【保存版】Web系エンジニアにジョブチェンジするための学習順序と教材一覧【随時更新】

実務未経験からWeb系エンジニア(主にバックエンドエンジニア)へジョブチェンジするための学習順序と学習教材の一覧に関しては、私のYouTubeチャンネルこちらこちらの動画でも解説しているのですが、教材に直接リンクされている方が多くの方にとって便利かなということで、こちらの記事にまとめてみました。

今後新しく良質な教材が出てきた際は随時更新していきます。

学習順序

実務未経験の方がWeb系のバックエンドエンジニアにジョブチェンジする上で必要な学習内容はほぼ確定しており、今後も大きく変わることはないでしょう。具体的には下記のような順序になります。

コンピュータサイエンス基礎

Linux基礎

HTML/CSS基礎

JavaScript基礎

Ruby基礎

RDBとSQL基礎

GitとGitHub基礎

Ruby on Rails基礎

もちろん必ずしもこの順序通りに勉強する必要はありませんし、ただ単にプログラミングをちょっとかじってみたいという程度であれば、コンピュータサイエンス基礎やLinux基礎を学ぶ必要はありません。

しかし、Web系エンジニアにジョブチェンジしたいのであればそういった基礎的な知識は必須になりますし、転職用のハイレベルなポートフォリオ(作品)を作る上ではそれらの学習は避けて通れないということは理解しておいた方がよいでしょう。

以下、各分野のお薦めの学習教材について列挙していきます。(アフィリエイトリンクは一切含んでいません)

コンピュータサイエンス基礎

初学者の方がコンピュータサイエンスの基礎を学ぶ際には、基本情報技術者試験の参考書で学習することが効率的です。

評判の良い参考書であればどれを選択しても大きな違いはないと思いますが、イラストが多用されているこちらの書籍は、初学者の方には比較的とっつきやすいと思います。

Linux基礎

Linuxの基礎を学習する上では定評のある書籍です。PDF版なら無料で入手することも可能です。

Linux基礎の補助教材としてはこちらの書籍もお薦めです。ただしページ数が多く、全て学習しようとすると挫折する可能性が高いので、主に「Linux標準教科書」で学習を進めて、こちらはリファレンス的に活用するという方式が無難でしょう。

HTML/CSS基礎

HTMLとCSSに関しては、この段階ではProgateとドットインストールを併用して学習する方式で十分でしょう。

JavaScript基礎

JavaScriptに関しても、この段階ではProgateとドットインストールを併用する方式で十分だと思います。

Ruby基礎

Rubyに関しても、この段階ではProgateとドットインストールを併用する方式で十分だと思います。

RDBとSQL基礎

RDBもSQLも非常に奥の深い分野ですが、最初はProgateとドットインストールを併用して学習する方式で十分でしょう。

ちなみにWeb業界ではPostgreSQLというデータベースも比較的よく使われていますが、現場ではMySQLの方が比較的多く使われているので、MySQLを学習しておく方が賢明でしょう。

この後に紹介する「Ruby on Railsチュートリアル」ではPostgreSQLが使用されますが、MySQLに関して学習した知識の多くはそのまま使えますので心配する必要はありません。

(ポートフォリオに関しても、データベースにはPostgreSQLではなくMySQLを選択することをお薦めします。「現場での使用率が高い技術に合わせておく」方が大抵の場合は無難です)

GitとGitHub基礎

ProgateやドットインストールにもGitの学習教材は存在するのですが、GitHubと一緒に解説されている動画の方が効率がよいため、評価の高いこちらの教材で学習しておくとよいでしょう。

Ruby on Rails基礎

Railsの学習に関しては定評のあるこちらの教材だけで十分です。難易度はやや高めですが、これをやり切ればポートフォリオ作成前の準備は一応完了と考えてよいでしょう。

こちらの教材は複数のRailsのバージョンに対応しており、現時点でのデフォルトは5.1ですが、5.1はかなり古い&もう6.0向けの記事や情報もネット上に十分に揃ってきているようなので、バージョンは6.0を選択しておいた方がよいでしょう。(6.0は有料になりますが980円程度です)

その他の教材

ポートフォリオのインフラにAWSを使ってみたくなった場合は、こちらの書籍でAWSの基礎を学習してみるとよいでしょう。特に初学者の方は「ネットワーク」の知識が不足しやすいので、こちらの書籍を読みながらAWS上で色々とネットワークの設定を実際におこなってみると、AWSだけでなくネットワークの理解も深まると思います。

「Amazon Web Services 基礎からのネットワーク&サーバー構築」は、AWSやネットワークの基礎的な部分が非常に分かりやすく説明されている良書なのですが、VPCやEC2以外のAWSのサービスの使い方に関してはそれほど説明されていません。

そのため、ポートフォリオのインフラにAWSを使う場合は、こちらの書籍も併用して、RDS、CloudFront、Route53、ACM等の基礎を学習しておくとよいでしょう。

ネットワークの補助教材としてはこちらの書籍がお薦めです。イラストや図が多用されているため、ネットワークの構造やデータの流れがイメージとして掴みやすいと思います。

データベースの補助教材としてはこちらの書籍を使ってみるとよいでしょう。

テストに関する補助教材としてはこちらの書籍がお薦めです。ホワイトボックステストとブラックボックステストの違い、カバレッジ(網羅率)、同値分割や境界値分析等、ソフトウェアテストの基本がわかりやすく解説されています。

Dockerの概要や基本コマンドを学習する際は、こちらのサイトがお薦めです。

コーディング試験対策に関しては、「LeetCode」というサービスの「Easy」レベルの「Top Interview Questions(面接でよく出題される問題)」を、「Acceptance(難易度と考えてよい。数字の小さい方がより難しい)」の降順でソートして順番に解いておくとよいでしょう。

オンラインコミュニティ等で技術的な質問をする上では「良質な質問をする技術」が非常に重要になります。質問スキルが高ければ問題解決の時間も速くなりますので、こちらの記事等を参考にして、技術的な質問をする際の自分なりのテンプレを作っておくとよいでしょう。

まとめ

こちらの記事で紹介した教材は、どれも無料もしくは数千円程度で購入できるものに限定しています

高額な教材が必ずしも悪いということではありませんが、少なくとも「歴史が長くて広く使われていてアップデートがそれほど頻繁ではない言語や技術」に関しては、安価で良質な教材が既に大量に存在していますので、高額な教材を購入するよりも、評判のよい教材を複数購入して自分に合ったものを選ぶのが大抵の場合は正解です。

また、成果に直結するのはあくまでも「自分の頭で考えて実際に手を動かした時間」であり「教材で学習した時間」ではありませんので、教材を使った学習はあくまでも「頭の中にインデックスを作る作業」と割り切って、できるだけ早めにポートフォリオ作りを開始することをお薦めします。

一つの教材を何周もして一向に手を動かさない、いわゆる「わかってから始めたい病」にかからないように注意しましょう。

おまけ

Youtubeの方で、Web系エンジニアやWeb系エンジニアに興味のある方たち向けの雑食系エンジニアTVというチャンネルをやっています。もしご興味ございましたらチャンネル登録してみて頂けると大変嬉しいです。

また、2019年から「雑食系エンジニアサロン」というオンラインサロンも始めました。(現在2,300名様以上の方にご参加頂いております)

Twitterの方でも「パラレルキャリア」や「キャリアハック」に関する情報を中心に色々と発信しておりますので、もし宜しければフォローしてみてください。@poly_soft


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
666
パラレルキャリア情報を発信中|早大政経出身|元GREE|Web系エンジニア|経営者|エンジェル投資家|YouTuber|雑食サロン(参加者様2,300超)→http://bit.ly/2u4D5ZN|雑食系エンジニアTV(登録者5万超)→http://bit.ly/2EEkJoG

こちらでもピックアップされています

バズり記事
バズり記事
  • 1807本

全ユーザの200スキ以上ついた記事を毎週月曜日に追加

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。