見出し画像

なつのケ/自選短歌二十首(2020.7-8)

白米に梅干しを混ぜ唾をのむ ひとりランチに雨は降りつつ

晴れるなら晴れるとはっきり言ってくれ また生乾きを抱えて生きる

布マスク・ファンデ問題顕在化、二〇二〇年。テストに出ます

火傷しそうに熱いわたしのPCがじわじわ動かなくなる やめて

静寂の中でスマホが「ニィ」と鳴きかろうじて世とつながるを知る


夏が来る アイスクリームの本数を決めてくれる人がまだいません

「解像度、電光掲示板くらい」「じゃあ最近は精度がいいね」

フラペチーノ飲みたいなって足止めて結局パピコを買って帰った

きれいだな、って近づいてみた噴水は塩素の匂いでなんか泣きそう

雲を食むキリンが二頭おりましたそれを眺める人がいました


保育園より持ち帰りたる笹で知る今日は七夕 カレーできてる

苦いかな、とひかえめに皿に盛るゴーヤ 子は躊躇なくこりこり食へり

水しぶきあげてる吾子が水しぶきみたいに笑う夏、夏、ここに

目覚めると一本の川になっていた 寝はじめたときは三本だった

白糸を竹筒に放つ そうめんは流れるものだと子が知った夏


縫うようにとんぼの群れをよけながら自転車をこぐマイナの私

こころここにはいないようだこころどこだろうかここらでここにいでぬか

夏の朝がらんどうの道ただひとり拍子木鳴らす男ありけり

ねむたいなとおもってねむたいなというと「mta」のあたりでとくにねむたい

「とんぼさん、ひとりだねえ」と子が空をながめて言ひし夏がもうゆく


画像1

画像2

画像3

画像4


※テキストver.はPCで見るの推奨、画像ver.はスマホで見るの推奨です

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

自作の本づくりなど、これからの創作活動の資金にさせていただきます。ありがとうございます。

Wow,thanks a lot! Have a great day!
43
伝わりにくいことを文章で伝わりやすくする仕事をしていますが、ここではなるべく脳みその違うきんにくをつかいたいなぁと思ったりしています。さいきんは絵本や短歌が好きです。読み方はおなかぽこ。3歳児に親育てられ中。

こちらでもピックアップされています

短歌たんたん
短歌たんたん
  • 44本

2020年夏に歌集など読みはじめて短歌の奥深さにようやく気づき、はまりはじめました。遊びつつ、学びつつ。(過去作は今みると我ながら手を入れたくなりますが、リアルな「育児記録」として残しておきます…)

コメント (2)
すきです、とっても。
しいさん、そのひとことがとっても励みになりますー。ありがとう!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。