見出し画像

プレイライフ自社サービス「バヅクリ」を体験

こんにちは、プレイライフ株式会社 編集長/デザイナーの近藤ライトです。

コロナの影響で、日常や働き方が大きく変わって、それも定着している今日この頃。
リモートワーク中心になって、良かったことも多々ありますが、逆も然り。

雑談コミュニケーションの減少

例えば、ちょっとした時間に生まれていた雑談の減少。
特に、他部署で直接関わることの少ない人とのコミュニケーションは大きく減ったな、と感じています。

最初は「大したことじゃないっしょ」と思っていましたが、やはりこの状態が続くと、メンバー間に少なからず距離ができてしまいます。

弊社がコロナ禍で立ち上げた「バヅクリ」というサービス。
上記のような課題を遊びの力で解決するサービスです。

バヅクリを立ち上げた思いや、サービスの説明などは、弊社代表のアツい記事を読んでいただければと思います。

実際に体験していただいている企業もある中、実は自社で体験したことがありませんでした。
「まずは社内で使ってみないことには始まらない」ということで先日、社員全員でイベントを体験しました。

オンラインで図工部

今回体験したのは図工部。

スクリーンショット 2020-07-16 19.04.09

真っ白な画用紙に、色ペンやクレヨンを使い、与えられたテーマに沿って自由に絵を描いていきます。
絵の上手い下手を求めるものではなく、あくまで頭の中で思い描いている物を絵に起こします。

スクリーンショット 2020-07-22 15.35.51

今回、感情をイメージドローイングするというワークで出たお題の一つ「ぱぁぁぁ」

文字などは使わずに、色や形で表現します。

絵のプレゼンで見えてくる人間性・意外性

スクリーンショット 2020-07-22 16.21.10

描いた絵をグループに分かれてメンバーで共有します。

「あー、この人らしい考え方だなぁ」
といった人間性や、
「この人、意外とこんな趣味あったんだ!」
といった意外な発見がありました。

そこから、普段リモートワークをしている上ではできないような、たわいもない雑談や、夢について語るアツい会話が生まれました。
こういう時間は、久しく無かったように思えます。

オンラインでも楽しめる・繋がれる!

スクリーンショット 2020-07-16 20.08.15

オンラインでも、じゅうぶん繋がりは生まれると思います。
むしろランチや飲み会では絶対に得られないものが、そこにはあります。

みなさんもぜひバヅクリを使っていただければと思います。
buzzkuri.com/



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

PLAYLIFE編集部が、「教えたいけど教えたくない!」と思ったコンテンツをnoteで配信しています。

3
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。