株式会社プランユーケー
テレワーク慣れてきてからアンケート〜テレワークから2年が経過して〜
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

テレワーク慣れてきてからアンケート〜テレワークから2年が経過して〜

株式会社プランユーケー

こんにちは。プランユーケー広報宣伝部の吉井です。

新型コロナウイルスの猛威によって、2020年4月から全社的にテレワークという働き方が始まってから2年の月日が経ちました。

弊社でも変わらず、テレワークと通勤のハイブリット体制で業務を進めております。
以前、自宅テレワークと通勤の混在体制について、半年が経った時点でのアンケートを社内スタッフ全員に行いましたところ、多種多様なスタッフの生の声が集まりました。

◎前回のアンケートはこちら


今回はあれから2年経過し、テレワークと通勤のハイブリッド体制について、業務関連に絞ったアンケートを実施し、スタッフの声をさらに募集いたしました。
ぜひご覧ください!


Q1-テレワーク当初から新しく導入した機材や、工夫やルールなどによって変化した部分は?

回答の中で多かったのが、メモ関連。手書きメモからPC内のメモアプリへ変化したというものです。
ネット環境さえあれば相手との打ち合わせでもオンライン上で完結するテレワークでは、紙のものよりアプリ内のメモの方が便利なようです。


Q2-テレワークと通勤、どの割合が自分には合っていると思いますか?

おおむねハイブリッドワークが基本になっています。人目がありやる気が出るという方もいれば、通勤では疲れてしまうのでテレワークの方が働きやすいという方も。


Q3-テレワーク時は、1日あたりどのぐらい社内スタッフと通話もしくは連絡をとりますか?

平均10〜20回ほどで、通勤時でも変わらない方が多いようです。
中には20通を超える方も!?


Q4-テレワークになってから共同作業時、進捗共有などで工夫していることはありますか?

お互いの顔が見えず、進捗がわかりづらいからこそ連絡を怠らないようにしています。
作業の連絡や報告にはSlackを活用しています。


Q5-テレワーク環境下で身の回りの変化、生活の変化などありますか?

休憩時間に家事を行ったり、オンラインショッピングの荷物が受け取れるなど、仕事と生活の距離が近くなった印象です。中には通勤がなくなり、運動不足になってしまった方も?


Q6-テレワークで始業時と終業時で決まってすることは?

自宅に居るとは言え、仕事はオフィス内に居る時と変わりませんから、やはり予定の共有、確認は大切です。
しかし、音楽を流すなど、業務の支障にならない程度には自由にできるのは嬉しいですね!


Q7-テレワーク中、時間の区切り、MT時間の把握などのために工夫していることはありますか?

複数のアラームや予定の共有のために、アプリなど使い、各々が工夫している様子が伺えます。
また、この質問に関しては、出社と変わらないという方もおられました。
日々の管理意識がしっかりしているからこそ環境が変わっても正しいパフォーマンスで働けるのだと思います。


Q8-テレワークの日ならではの楽しみなどはありますか?

ノートパソコンを使用しているなら、テレワーク中気分転換に家の中で席替えをすることも可能です!
また、寝起きの睡魔に抗わなくてもいいのもテレワークのもう一つの魅力とも言えます。(遅刻は厳禁ですよ!!)


Q9-対面以外でスタッフと情報共有を行う時に留意していることはなんですか?

対面で同じ画面を見ながらの説明ができないため、より丁寧な情報共有を心がけています。
テキストのみのやりとりで相手が冷たい印象になってしまわないように、テレワーク時だけでなくとも挨拶や労いの声かけなどは心がけていきたいですね!


Q10-テレワーク時に仕事で不安なことはなんですか?

ネットワークや社内インフラ関係の心配が多いようです。
弊社では出社勤務とテレワーク勤務のハイブリッド体制なので、テレワーク環境において不安な作業があれば、出社勤務に変更するなどの対処も可能です!


Q11-テレワークで楽になったことと出社の方が楽なことは何ですか?

テレワークは魅力的な働き方ですが、オフィス内で顔を合わせているからこそ出来るコミュニケーションも大切です。
オフィスにいるスタッフとのやりとりや、ネットワーク環境の整備など、出社されている方のサポートも必要不可欠です。


まとめ

コロナによって世界は大きく変わり、テレワークという働き方も社会の中にすっかり定着しました。
弊社もテレワークを導入してから2年が経過し、
テレワークという環境の様々な側面が見えてきました。

テレワークは自宅や場所を選ばず勤務でき、気楽に仕事を行える一方で、その間社内ネットワーク環境の整備やトラブルのフォローなど、出社してサポートしてくれているスタッフの存在は欠かせません。
また、テレワーク環境だからこそのミスや失敗などの懸念点も存在します。

今回のアンケートでは、テレワーク環境でも出社勤務と変わらない能力で業務が行えるよう、スタッフ各々の工夫が伺えました。

引き続きプランユーケーではテレワークと出勤のハイブリッド体制で「お客様のために成果が出るWebサイトづくり」が行えるよう努めていきたいと思います。

引き続きどうぞよろしくお願い致します!


Web制作ならプランユーケーにご相談ください!

大学・研究室・学会のホームページ制作はお任せください。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
株式会社プランユーケー
1996年創業のWeb制作会社です。独自CMS「Informaker(インフォメーカー)」の開発も活発に行っています。 Web開発の話やWeb制作会社の働き方、事例紹介などを投稿していきます。 https://www.planuk.gr.jp/