見出し画像

無料プロンプト!あなたのコンテンツに伝説の経営戦略家たちの智慧を!

★ストーリーで解き明かす経営術の極意

ドラッカーやマックス・ウェーバー渋沢栄一といった偉大なるレジェンドたちが残した金言の数々。しかし、短い言葉に圧縮された抽象的な言い回しのせいで、その本質がうまく理解できないという方も少なくありません。

例えば、以下の名言の意味、あなたは分かりますか? 残念ながら私にはよく理解できませんでした。

選択肢を前にした若者が答えるべき問題は、正確には、何をしたらよいか、ではなく、自分を使って何をしたいかである。

『断絶の時代』ピーター・F・ドラッカー

むむむ、分かったようで分からない、なんともモヤモヤした感覚が残ります。「何をしたらよいか」と「自分を使って何をしたいか」とはどう違うのでしょうか? 「正確には」と言っている以上、それはおそらく微妙な違いなのでしょうが、この短文では私にはヒントが少なすぎます。そもそも「自分を使って」という意味もよく分かりません。「他人を使ってではなく」ということでしょうか? それとも「自分」を他人の目線でコントロールするということなのでしょうか? うう、分からん分からん……。

そこで、生成AIの分析力と解釈力を使って、偉人の難解な名言や箴言を、ビジネスマンの体験談風のストーリーとして語り起こすプロンプトを開発しました。ぜひ上記の名言もこのプロンプトを使って物語にしてみてください。「ははぁ、そういうことだったのか!」と目からウロコが落ちることでしょう。

●共感と理解を生むには

抽象的な名言は、一般的な概念や哲学を表していますが、誰もがすぐにピンとくるわけではありません。

大半の読者はそれを自分の日常生活やビジネスの現場でどのように適用すればいいのか理解しづらいことがあります。

しかし、具体的な登場人物の体験談を通じてなら、読者は名言の意味をより具体的に理解し、自分の状況に当てはめることができます。

名言をストーリーに組み込むことで、読者は物語に興味を持ちます。抽象的な哲学的言葉だけではなく、登場人物のドラマチックな体験や感情が読者をストーリーに引き込むのです。

高度な経営理論でも、登場人物がイキイキと活躍する「物語の原理」を応用することで、仲間の苦労話として実感できるレベルで伝わるようになります。

共感できる苦労話を通じて、名言が伝える教訓や示唆がよりはっきりと分かりやすくなります。読者は登場人物の成功や失敗から学び、自分のビジネスや人生に活かすことができます。

具体的なストーリーは、抽象的な名言よりもはるかに記憶に残りやすいものです。読者は登場人物の試練や成長を忘れずに覚えており、名言も一緒に記憶されます。

さらに、プロンプト内のガイドに従って「名言」や「主人公の職業」を書き換えることで、ストーリーは無限のパターンを生み出します。主人公が会社員でもフリーランスのアーティストでも個人商店の経営者でも、あるいはプロのアスリートでも、設定は自由自在。それぞれのビジネス物語が生成されます。

この無料プロンプトは、誰かの受け売りのようなアフィリエイト記事や、騒々しい割に心が動かされない解説動画を、誰でも共感できるビジネス体験談に変貌させるためのツールです。


●「名言」があなたのメディアを際立たせる

このプロンプトを使えば、単なる情報提供を超えた価値あるコンテンツを作成し、視聴者や読者に深い印象を与えることができます。マネタイズを図るすべての人々にとって、物語へと進化した名言は、知識の宝庫としてだけでなく、視聴者の心を動かし、エンゲージメントを高めるための鍵となります。

★巨人たちの遺産をマーケットで活かす

あなたは感銘を受けた偉人の名言を入力するだけ。後はこのプロンプトが物語を自動的に作成します。ブログやニュースレターのネタ、プレゼンテーションの資料、インスタグラム用の記事、あるいはYouTube動画のシナリオとして、今すぐ汎用的なコンテンツ制作を開始することが可能、しかも一瞬で完了します。

例えば、ピーター・ドラッカーの名言を、「ビジネスマンの田中さん」の体験談として描くことで、読者は名言の真意を具体的に理解し、自己成長に活かすヒントを得ることができるでしょう。

以下は、プロンプトを使って生成された4つのサンプルです。レジェンドたちの名言をプロンプトに挿入して生成AIに投げてください。具体的な体験談風のストーリーを書き起こしてくれます。※生成AIは【ChatGPT4.0】を使用しました。

<サンプル1>

Quote1
ドラッカーの言葉:「完全な失敗を捨てることは難しくない。自然に消滅する。ところが昨日の成功は、非生産的となったあとも生き続ける。もう一つ、それよりもはるかに危険なものがある。本来うまくいくべきでありながら、なぜか成果があがらないまま続けている仕事である。」

田中悟さんは、日本の大手広告代理店でプロジェクトマネージャーとして働いていました。彼は新しい広告キャンペーンの立ち上げに取り組んでいましたが、チーム間のコミュニケーションに関する問題が生じていました。

彼の悩みは、コミュニケーションの重要性と、その成立の条件についてでした。彼はチームメンバーが情報を受け取り、理解し、適切に反応するための環境を構築する必要があると感じていました。

彼が目指すのは、チーム全体が一体となって新しい広告キャンペーンを成功させることです。しかし、情報の受け渡しや意思疎通に問題があると、目標達成が難しくなることを理解していました。

彼が直面する最大の障害は、チームメンバーが情報を受け取るだけでなく、理解し、適切に反応することができないことでした。彼らは単に情報を受け取ることに焦点を当てており、コミュニケーションの本質を見失っていました。

そこで悟さんは、チームとのミーティングを通じて、コミュニケーションの重要性と双方向性を強調しました。彼はメンバーに対して、情報を受け取るだけでなく、質問をし、意見を述べ、アイデアを提供することの重要性を説明しました。

最終的に、悟さんの努力の結果、チームメンバーは受け手としての役割をより深く理解し、積極的にコミュニケーションに参加するようになりました。彼らの意欲と協力が、広告キャンペーンの成功につながりました。


<サンプル 2>

Quote 2
マックス・ウェーバーの言葉:「専門家なしには我々は生きていけないが、専門家だけに支配されてはならない」

田辺さんは東京で中小企業のCEOとして働いています。彼の会社はテクノロジー業界で競争が激しく、専門家たちによる革新的なアイディアが常に求められています。しかし、田辺さんは会社が専門家の意見に頼りすぎていることに気づきました。彼はこの依存が創造性を損ない、他の社員の意見が過小評価されていると感じていました。

田辺さんが直面している問題は、専門家の意見が絶対視され、社内の多様な意見が抑圧される環境でした。これにより、革新的なアイディアが一部の人々からしか出てこなくなり、会社全体の成長機会が限られていました。

これを解決するために、田辺さんは社内の意思決定プロセスを再構築することを決定しました。彼は全社員が参加するブレインストーミングセッションを定期的に開催し、専門家以外の社員からも意見を積極的に募りました。さらに、プロジェクトごとに異なる背景を持つチームを組むことで、多角的な視点を取り入れるようにしました。

新しいアプローチの導入により、会社は従業員の潜在能力をより活用するようになり、多様なアイディアが生まれるようになりました。特に、非専門家からの斬新な提案がプロジェクトの成功に大きく貢献するケースが増えてきました。

この変化を通じて、田辺さんの会社は業界内での競争力を高めることができました。また、社員一人ひとりが自らの意見が価値を持つと感じることで、全体のモチベーションと職場の満足度も向上しました。田辺さんは、専門家に頼ることの重要性を理解しつつも、それに頼り切らないバランスの取れた組織運営の重要性を学びました。


<サンプル 3>

Quote3
渋沢栄一の言葉:「金儲けを品の悪いことのように考えるのは根本的に間違っている。しかし儲けることに熱中しすぎると、品が悪くなるのも確かである。金儲けにも品位を忘れぬようにしたい。」

伊藤さんは、大阪で高級レストランチェーンを経営しているビジネスマンです。彼のビジネスは成功を収めており、多くの新しい店舗を次々とオープンしていました。しかし、急速な拡大と利益の追求が次第に彼のビジネスの品質に影響を与え始めていました。

伊藤さんが直面している問題は、利益追求が顧客の満足度やサービスの質を犠牲にしていることでした。彼はレストランの評判が落ち始めていることに気づき、ビジネスの持続可能性に対する懸念を感じていました。

この状況を改善するために、伊藤さんは利益のみを追求するのではなく、顧客体験とサービスの品質を再び重視することを決意しました。彼は料理の質を向上させるために、新たに経験豊富なシェフを採用し、原材料の質にもこだわり始めました。また、従業員のトレーニングプログラムを見直し、顧客サービスの向上に力を入れました。

伊藤さんはさらに、過度な拡張計画を見直し、既存の店舗の運営を安定させることに集中しました。この新しい方針により、レストランチェーンは顧客からの高い評価を取り戻し始めました。利益も重要ですが、それと同じくらい品質と顧客満足が大切であるという彼の信念が、ビジネスを再び軌道に乗せることに成功しました。

この経験から、伊藤さんは金儲けの際にも品位を保ち、ビジネスの倫理を守ることの重要性を再認識しました。彼は、ビジネスの成功とは、利益を追求することと同時に、社会的な責任と品格を維持することだと学びました。


◆マネタイズへの挑戦

それでは、このストーリーテリング・プロンプトが生成する物語を、どうやってあなたのビジネスや教育に活用すればいいのでしょうか? そのマネタイジングの方法について提案します。

●ブログや記事での活用

名言をテーマにしたブログや記事を書き、それを具体的なストーリーで解説することで、読者にとって理解しやすく、興味深いコンテンツを提供できます。アフィリエイトリンクや広告を組み込むことで収益化も可能です。

 ・SEO対策: ストーリーを含む記事は、検索エンジン最適化(SEO)に役立ちます。読者が関心を持つ内容を提供することで、検索ランキングを向上させることができます。

 ・読者のエンゲージメント: ストーリーは読者の感情に訴えかけるため、コメントやシェアが増え、読者とのエンゲージメントが高まります。

●プレゼンテーションでの活用

ビジネス会議やセミナーでのプレゼンテーションにストーリーを取り入れることで、聴衆の注意を引き、メッセージを強調することができます。これはコンサルティングサービスやワークショップの提供につながる可能性があります。

 ・メッセージの強化: ストーリーは抽象的なコンセプトを具体化し、聴衆に強い印象を残します。これにより、プレゼンテーションの内容がより記憶に残ります。

 ・視覚資料との組み合わせ: ストーリーをスライドやビジュアルと組み合わせることで、よりダイナミックで理解しやすいプレゼンテーションが可能になります。

●YouTube動画やウェビナーでの活用

ストーリーを題材にした動画やウェビナーを制作し、視聴者に教育的価値を提供することができます。チャンネル登録者数や視聴回数を増やすことで、YouTubeの広告収入を得ることができます。

 ・視聴者の維持: ストーリーは視聴者の注意を引きつけ、動画全体を通して視聴を続けさせる効果があります。

 ・コミュニティの構築: ストーリーを共有することで、視聴者との関係を築き、ファンコミュニティを形成することができます。

●電子書籍やオーディオブックでのマネタイズ

ストーリーを集めた電子書籍やオーディオブックを制作し、オンラインで販売することも一つの方法です。自己啓発やビジネス関連のコンテンツは特に需要があります。

 ・直販売: 自身のウェブサイトや電子書籍プラットフォームを通じて直接販売することで、収益を得ることができます。

 ・サブスクリプションモデル: 定期的なコンテンツ更新を提供し、読者から定額料金を受け取ることができます。

●オンラインコースでのマネタイズ

名言とそれに基づくストーリーを用いて、オンラインで学べるコースを開設することができます。参加者から受講料をいただくことで収益化が可能です。

 ・高価値コンテンツ: ストーリーを用いた教育コンテンツは、参加者にとって高い価値があり、それに見合った価格設定が可能です。

 ・繰り返し販売: 一度作成したコースは、何度も販売することができ、長期的な収益源となります。

●パーソナルコーチングでのマネタイズ

ストーリーを用いたパーソナルコーチングサービスを提供し、クライアントの自己成長をサポートすることもできます。これは高い付加価値を持つサービスとなり得ます。

 ・個別指導: クライアント一人ひとりに合わせたカスタマイズされたコーチングは、高額な料金を設定できるサービスです。

 ・リピートビジネス: 成功体験を通じてクライアントの信頼を得ることで、継続的なビジネスが期待できます。

●ソーシャルメディアキャンペーンでのマネタイズ

ソーシャルメディアでストーリーを共有し、フォロワーを増やすことで、スポンサーシップや広告収入を得ることができます。

 ・インフルエンサーマーケティング: フォロワー数が多いアカウントは、企業からのスポンサーシップを受けやすくなります。

 ・商品販売: ソーシャルメディアを通じて自身の商品やサービスを宣伝し、直接販売することができます。

これらの方法を通じて、ストーリーテリングは教育的な価値を提供するだけでなく、ビジネスの収益化にも大きく貢献することができます。

重要なのは、ターゲットとなるオーディエンスに合わせたストーリー・コンテンツが読者や視聴者に価値を提供し、彼らの関心を引きつけることです。それによって、より多くの人々があなたのコンテンツに触れ、収益化の機会が増えるでしょう。

以上のように、抽象的な名言を具体的な体験談に「翻訳」することには多くのメリットがあります。ぜひあなたもこの『ビジネスに特化したストーリーを作る』プロンプトを試してみてください。

そして、ビジネスにおけるストーリーテリングの効果を実感していただきたいと思います。以下がその無料プロンプトです。どうぞご活用ください。

「-- ここに名言を入力してください-- 」
 
以下の手順を使用して、この文章を、現実的なビジネスマンが織りなす具体的なビジネスストーリーにしてください。
 
#### 対象となる文章からストーリーを作成する
 
- **ストーリーの主人公を設定する:**「--ここに主人公の職業を入力してください--」。文章の提示する問題点についての悩みがあり、それを解決するためにはどうすればいいかを考えています。
 
- **ストーリーの要素を抽出する:**主人公が解決すべき問題、対立する敵や障害、達成したい目的を抽出してください。
 
- **ストーリーの要素を識別する:** 主人公が達成すべき目的を明確に提示し、敵や障害を克服し、問題を解決するまでのプロセスを例示したストーリーを作成します。中学生でも理解できるように表現してください。
 
- **時代や舞台の現代化:** 物語の舞台は現代の日本とします。主人公やアイテムの名前は日本の一般的なものしてください。主人公の名前には「さん」という敬称をつけてください。
 
#### そのシナリオに従った物語を起承転結の形で出力してください。ただし、起承転結と表記しないでください。また、物語の最後に総括しないでください。文頭にはストーリー化の対象となった原文を引用してください。
 

★さて、このプロンプトには、ストーリーをさらに面白く盛り上げて読者の定着化を促す「レベルアップ・バージョン」が存在します!

もしご興味があれば、次の記事もぜひお読みください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

『ビジネス名言を中世ファンタジー化するプロンプト:ストーリーテリングの魔法使い』


以上です。
ありがとうございました。

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?