痛み、熱が出ても病院に行くのに抵抗があるあなたへ

 こんにちは、やくそうです。

熱が出てもすぐには受診できないこのご時世、自宅に置いておくと少しは楽になる市販薬を紹介します。

タイレノールAです。
成分(1錠中)
アセトアミノフェン 300mg

この成分量でしたら、病院でも処方される薬と同じです。(カロナール300mgと同じ)

 タイレノールAは第二類医薬品です。ご自身で添付文書や箱の説明をご覧になり、購入するに当てはまると判断すれば薬局やドラッグストアのレジに持参すれば購入できます。
 添付文書の「相談すること」欄に当てはまる箇所がある場合は薬剤師・登録販売者に相談ください。お薬手帳を持っていると正確な情報収集に繋がります。場合によっては購入できます。相談して安全と判断できる場合は販売できます。
「してはいけないこと」欄に当てはまる場合は残念ながら購入できません。(健康上支障ないこともありますが、医薬品の適正使用ではないので、副作用が出た場合に医薬品副作用被害救済制度の対象になりません)

 服用回数について
 頓服としての服用です:4時間以上あけて1日3回まで
 5-6回(1日3回飲んだ場合は2日)飲んでも症状が改善されない場合は受診
 これは守ってください。一般的な風邪ではない可能性が十分ありますし、痛みの場合でも医師の診断がないと対応できない疾患の可能性が十分にあります。

 また、同じ症状が1ヶ月に何度も出て、1日で治まる場合は一度受診することを考慮しましょう。例えば頭痛です。鎮痛剤の連用により頭痛が逆にひどくなることもありえます。脳の機能異常(血管や神経など)がないか一度調べてもらい、その上での治療のほうが効果的かつ安全と思われます。この場合受診するのは脳神経外科です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
薬剤師のやくそうです。普段は薬局にいたりその周りの地域に出かけています。何を選んだらいいかわからない医療情報をわかりやすく、公的情報や根拠に基づいて紹介します。薬剤師とは何をする人ぞ、紹介します。