見出し画像

【休校スクール!】中学3年生向けの無料オンライン授業をはじめました。※もれなくカレーがもらえる

多くの学校が現在、休校中です。
ぼくの住む千葉県内をはじめ、今のところ5/6からスタートと言われていますが、なんとなく、さらに延びるのでは?という気がしてきました。

先生も生徒も家庭もすでに大変ですが、これ以上延びたら、もう本当に大変です。

そう思い、中学3年生向けの無料オンライン授業を今日から始めました。一番煽りを受けるであろう受験生を少しでもケアしないと。

思いついて、おとといふたりに相談して、昨日(4/17)スタート。仲間のフットワークが軽くて最高です。
初回に参加した生徒はのべ4名。やってみて改善点も見えたので、パスワード管理含めたセキュリティを強化してまた来週から粛々とやります。リアルタイムの告知は『房総メディアエデュケーションプロジェクト』のfacebookページインスタから。

下記に、詳細内容と、「休校スクール!」への参加の仕方を記載します。参加したい生徒と繋がりのある方はご連絡ください。
(※まずは直接の知人や、知人の紹介から始めていきます)

-----------------------------------
<コンセプト>
休校中の中学生が楽しく安心して受験対策できる、アットホームなオンライン授業

<対象>  
中学3年生 ※参加は何年生でもOK。全国どこからでも参加OKです。

<授業内容>
・英語、国語、数学(※4/25追記 数学が追加!)
・大学生による、経験を踏まえたうえでの、受験のコツ、受験までの時間の使い方など

<時間>
月・水・金 10:00~(開場9:30)
※1コマ約30分で、その日により時間割が変わります。LINE内にて内容を共有します。

<参加費>
無料

<参加の仕方>
■パターン1
⓪ぼくを含め、運営メンバーに直接ご連絡ください。『房総すごい人図鑑』のfacebookページからお問い合わせ頂くか、ぼくのfacebookページのメッセンジャーに連絡を頂いてもOKです。オープンチャットのリンクorQRコードをこちらから送ります。
①LINEのオープンチャットに入る
②LINEのオープンチャット内で、自己紹介をする
 ZOOMのアドレス&毎回のパスワードをお知らせされる
③授業日にZOOMで教室に入る

■パターン2
①LINEのオープンチャットに既に入っている生徒から招待する
②LINEのオープンチャット内で、自己紹介をする
 ZOOMのアドレス&毎回のパスワードをお知らせされる
③授業日にZOOMで教室に入る※セキュリティの観点から、LINEのオープン

チャットおよびZOOMのオンライン教室へは、中学生のみ入れます。※運営メンバーの大人が3名入っています。

<誰がやっているのか>(4/18時点)
・磯木淳寛(運営)
房総メディアエデュケーションプロジェクト発起人
http://boso-sugoihito.net/
http://isokiatsuhiro.com/profile/
※令和元年度『学びの「総合力・体験力」コンテスト』(千葉県教育委員会主催)で優秀賞を受賞。


・富澤恭子(運営・講師)
CELTA (ケンブリッジ大学英語検定機構国際資格)認定教師
オックスフォード大学出版局・IIEEC児童英語認定教師

英会話教室reedsacademy
https://www.reeds-academy.net/
Mommyway
http://mommyway.net/

画像1


・小泉勇輔(講師)
早稲田大学生/地域活性化サークル「いすみっこ」代表
https://twitter.com/isumitowaseda

画像2

<生徒にとって、ざっくり言うと…>
・無料で英語と国語と数学の授業を、高校からイギリスに行っていた塾講師と早稲田大学生から受けられる
・授業は受けたいときだけ受けられる。
・時間は月水金のあさ10:00から2~3コマ(1コマ30分)。午前中で終わる。
・他の学校の子とコミュニケーションできる。もちろんしなくてもいい。
・オンラインで顔出しなくてもOK。(顔出ししていない生徒には話しかけないので、気持ち的に安心)
・スマホ、タブレット、PCから受けられる。
・まずはLINEのオープンチャットに登録。
・友達の招待もできるので、友達と一緒に気軽に入れる。
-----------------------------------
<授業を受けると、もれなくカレーがもらえる!>(※4/25追記)
4/18から数回の授業を行ってきましたが、完全ボランティアにも関わらず、英語担当講師の富澤さん、そして国語と数学を担当する早稲田大学生たちの授業のレベルの高さに感動してしまいました。

「休校スクール!」の生徒たちのために、毎回時間をかけて授業を組み立てているのがヒシヒシと伝わってきました。

これ、ホントさらに多くの生徒に参加してもらいたいと思い、<授業を受けると、もれなくカレーがもらえる!>を始めることにしました。

お届けするのは、昨年の発売開始後、めちゃくちゃ人気になった「ほらやっさカレー」。こちら1個を送料無料(磯木&富澤負担)で送ります。ぜひたくさんの中学生に参加してほしいです。


対象:
4/26(月)~5/6(水)までの6日間(月水金)の授業のうち、丸2日間以上参加した生徒で、カレーを希望する人全員。

応募方法:
上記の対象者にお知らせします。

画像4

『勝負メシ!ほらやっさカレー』
580円+税
200g(1人前)
https://boso-sugoihito.shop-pro.jp/
-----------------------------------
<4/26~5/6までの時間割>

画像6

画像3

↑初回の様子。

学校の先生方もとても熱心ですが、平等性の原則のために、動きたくても動けないことがたくさんあることは容易に想像がつきます。では、ぼくら一般の人間はどうかというと、必ずしも平等性の原則に従う必要がない。
スマホやタブレットやパソコンやネット環境の無い家庭や子どももたくさんいるのは承知の上です。
でも、なにもしなければ一人も救えない。オンライン授業をおこなえば、わずかでもいる。こんなときだからこそ、それぞれの持ち場でできることをやっていこうと思っています。

長期的視点で、思考力を育む「房総すごい人図鑑」の授業と、短期的成果を目指す受験対策は真逆と思える内容だけど、同時に、現状の足元を見つめて行動しなければ‟長期的”もなにもありません。

富澤さんも普段の英会話教室での理念と受験とはやはり違うものの、今回の趣旨に一瞬で賛同してくれ、オンラインツールにも詳しく、富澤さんがいなければ間違いなくできていません。一番最初に富澤さんに声掛けさせてもらって本当によかった。

早稲田大学生の小泉くんは、「房総すごい人図鑑」の授業を2年前からサポートしてくれていて、現在学校もバイトも無くなっている状況で、精一杯やりたいと言ってくれました。塾講師の経験と、やる気のある仲間への声掛けもしてくれています。このため、授業科目も内容もさらによくなっていきそうです。

コロナの期間に起きたことが生徒にとって全部ネガティブなことになるのでなく、この期間があったからこそオンラインを通じていろんな地域の生徒同士が繋がるきっかけにもなります。コロナが落ち着いたら、きっといろんな地域に友達がいる状態になって世界も広がるはず。

早速、初回のオンライン授業に参加した生徒が、授業を喜んでくれて、ほかの生徒を何人も誘ってくれました。
休校スクール、少しずつ充実させていきます。

画像5



この記事が参加している募集

いま私にできること

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
わ、ありがとうございます!
22
教育事業、地域ブランディング、編集と執筆。インタビューとライティングのWS「LOCAL WRITE」/房総すごい人図鑑/著書『小商いで自由にくらす』(イカロス出版)/執筆媒体は『ソトコト』ほか多数。http://isokiatsuhiro.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。