見出し画像

キャリアとどう向き合う?#自分デザインcamp

こんにちは。小林佳奈です。

本日、学生向けキャリアデザイン企画である『自分デザインcamp』をキックオフしました!!!

今回もたくさんの学生さんにご参加いただき、ありがとうございました。
イベントの内容をここで簡単にまとめさせていただきたいなと思います。

ー3ステージからマルチステージの人生へ

・日本における会社の平均寿命は約23.9年

・今後、労働人口の49%は人口知能やロボットで代替可能

・先進国において、現在20歳の人の半数は100歳以上、40歳以上の人の半数は95歳以上まで生きる。日本では2007年に生まれた子供の半数が107歳まで生きる

100年時代では働く期間も、老後の期間も今よりも長くなることがすでに分かっています。
大学を卒業し、就職して定年まで勤め上げ、老後を楽しむという3ステージが、これまでの常識でした。
しかしこれからは、就職した後も、複数社を経験するのが当たり前の世の中になっていきます。
つまり、これまで以上に、「自分の選択」を問われる場面がより増えていくことになるのです。

画像1


ー自分の人生の軸を決めることが大切

・自分の人生(キャリア)の軸は何か?
・どんな未来を創り出したいのか?
・仕事は到達したい未来への手段である

私は就職活動をしていたとき、よく「私の就職活動の軸は…」という話をしていましたが、これから大切なのは「自分の人生の軸は…」という観点であると考えています。

就職したら終わりの時代ではないからこそ、自分の理想の人生・キャリアにしていくためには、自分の人生(キャリア)の軸は何か?、自分のアイデンティティは何か?を自分で認識しているかがとても重要です。

また、これからの未来の方が長い学生の方や20代30代の方々にとっては、「どんな未来を創り出したいか?」理想を描き、理想からの逆算でいま何に取り組むべきか、今の選択が理想に繋がっているか、という考え方も大切になると思います。

「就職すること」「仕事をすること」を目的に考えてしまいがちですが、就職や仕事はあくまでも理想の未来や目標を叶えるための手段。仕事をした先に何を得たいのか?どんな状態を手に入れたいのか?という視点で、ぜひキャリアを描いてみてほしいなと思います。

ー参加者からのご感想

アンケートでは、高い満足度の評価をいただき、スタッフ一同喜んでおります。より、満足度の高いコンテンツを来月に向けても準備していきます。

・仕事だけではなくて人生の事で長い目で見る必要があると感じました。
・ 就活の参考になる考え方を知ることが出来た,
・自分のキャリアの選択肢が増えた
・キャリアに対する考えを深めることができた
・キャリアを考える時に必要な知識を得られた

次回の開催は、【6月28日(月) 20時~21時半】を予定しています。
今回の話を踏まえ、自分の人生の軸を見つけていくための、きっかけとなるセッションにしていく予定です^^

皆様のご参加お待ちしております。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!