見出し画像

文鉄・お札とコインの資料館

おうち平和ミュージアム

企画展「戦時のお金」

80年ほど前の1937年日中戦争が勃発し、日本は1945年まで泥沼の戦争への道を歩んでいきます。戦争中は国中で戦争遂行に協力するような体制がとられるなかでお札やコインも例外ではなく、国粋主義や軍国主義的な図柄が登場します。戦争が末期になるにつれて、お札は徐々に簡略化され戦争前にはカラフルだったお札が、戦争末期には数色になり紙や印刷の品質も低下しました。コインは材料不足が決定的となり、徐々に錫や陶器(不発行)まで用いられるようになりました。企画展「戦時のお金」では戦争が進むにつれて変わっていったお札やコインの図柄や品質、戦後のデザイン変化を当時の社会背景と共に紹介します。

https://www.buntetsu.net/mbc/exhibition/2022_q1.htm


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
おうち平和ミュージアム
ヨーロッパで再び戦争が起きています。今から約80年前、日本も、多くの国も、戦いました。ミュージアムには、この戦争の時代の資料がたくさんあります。貴重な資料に触れ、戦争のことを学び、現代の戦争のことや未来の平和のことをともに考えてみませんか? 2022年6月・おうち平和ミュージアム