【投資ノウハウ】2022年アメリカ株はどうなる? 相場展望
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【投資ノウハウ】2022年アメリカ株はどうなる? 相場展望

PayPay証券

 今年も残すところあとわずかになりました。このコラムも、今回が今年最後になります。

 今年の相場を振り返りながら、来年の米株相場について考えてみたいと思います。

超緩和政策から緩和縮小へ

 2021年の相場を語るうえで避けて通れないのが、2020年、突如、全世界を襲った新型コロナウイルスです。1918年から1920年にかけて全世界で流行したスペイン風邪以来の、ウイルス禍(通称:コロナ禍)です。コロナ禍により、景気が後退するなか、各国、地域の政府は大規模な財政出動を実施、中央銀行は空前の金融緩和措置を取りました。これにより景気は回復、株価は予想を超える歴史的な上昇をみせます。2020年、米国の代表的な株価指数S&P500の上昇率は約15.3%、ハイテク株が中心のナスダック総合株価指数に至っては約42.5%もの上昇となりました。2021年に入っても株価上昇は衰えず、12月20日時点の上昇率は、S&P500が約23.4%、ナスダック総合株価指数は約15.6%となっています。

 しかし、この株価の急上昇をもたらした大規模な財政出動と超緩和政策は、同時に物価の上昇、インフレをもたらしました。米国の中央銀行にあたる米連邦準備制度理事会(FRB)は、11月の米連邦公開市場委員会(FOMC)で、量的緩和の縮小(テーパリング)の開始を決定、12月のFOMCでは、2022年中に3回の利上げが実施される見通しが示されています。いよいよ来年は金融緩和の縮小が本格化します。このため2022年の米国株式相場は、2020年、2021年のように相場全体が押し上げられるのではなく、時代のテーマに合った銘柄群が買い進まれることになりそうです。

DX関連銘柄

 2022年も引き続き注目を集めそうなのが、デジタルトランスフォーメーション(DX)関連銘柄です。今年11月下旬から新型コロナウイルスの変異株オミクロン株が猛威を振るっており、クラウド・ベースのITインフラストラクチャへの移行は継続して行われるでしょう。また、コロナ禍がもたらした賃金上昇やサプライチェーンの混乱のソリューションとしても、DXの加速が進みそうです。すでにDX関連銘柄は人気銘柄となっていますが、5Gが広がる中、今後、数年単位での成長も期待できそうです。

 今後もリモートワークやDX化に伴い、重要視されるのがセキュリティ関連です。クラウドストライク・ホールディングス(CRWD)やそのライバル企業であるゼットスケーラー(ZS)が、引き続き注目されそうです。また、クラウドを通じてユーザーの認証サービスを提供するオクタ(OKTA)やクラウド上で電子署名から契約書などのビジネス・ドキュサインを管理するドキュサイン(DOCU)なども面白そうです。

 実は、これらの銘柄は、コロナ禍がピークアウトしたとの見方から、直近の高値から下放れています。ただ、先日、ファイザー製薬がパンデミックは2024年まで続くと声明を出したように、残念なことにコロナ禍が長期化した場合や、企業がそのような事態に備えることが予想できることから、来年は再び評価される可能性が高そうです。

ニューノーマル

 また、コロナ禍に進んだニューノーマルな生活も引き続き注目されるでしょう。コロナ禍で、その利便性が示されたネットショッピング、アマゾン・ドットコム(AMZN)ショッピファイ(SHOP)などは再び注目される場面もありそうです。

 ただ、すでに多くの国がウィズ・コロナの方針を取っていることから、外出規制がほぼなくなると考えると、フードデリバリーサービスなどが再度、脚光を集めるよりは、メタバースのような新しい価値観を創出できる事業やそれらに付随するサービスが脚光を集めそうです。このあたりは、DX関連とも絡みますが、ネットショッピングやテレワークを支える企業として、半導体関連では、エヌビディア(NVDA)アドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AMD)インテル(INTC)、クラウドサーバーでは、マイクロソフト(MSFT)、アマゾン・ドットコム、アルファベット(GOOGL)、通信サービスでは、ベライゾン・コミュニケーションズ(VZ)AT&T(T)などを引き続き見ていきたいです。
 通信サービスを除けば、ハイテク株ですでに株価が高値にあるものもありますが、今後、社会インフラになっていくと考えると、急落場面などがあれば、買い拾ってもいいと考えます。

 2022年は、前記したように金融引き締めが本格化しそうです。相場は荒れやすくなるので、長期的な視点で狙いを定めて取引することが重要になってきそうです。

記事作成:2021年12月22日

PayPay証券アプリはこちら
PayPay証券アプリはこちら
PayPay証券で投資信託始めよう
PayPay証券で投資信託始めよう
PayPay証券のTwitter(ツイッター)はこちら
PayPay証券のTwitter(ツイッター)はこちら

ライタープロフィール

佐藤 隆司(さとう りゅうじ)
 米大卒業後、金融・投資全般の情報ベンダー、株式会社ゼネックス(のちの株式会社オーバルネクスト)入社。原油、貴金属、天然ゴムなど工業品を中心としたアナリスト活動を経て、金融市場全般の分析を担当。

 2010年、エイチスクエア株式会社を設立し、セミナー講師、アナリストリポートを執筆する。また、「FOREX NOTE 為替手帳」、「チャートの鬼・改」などの企画・出版も行う傍ら、ラジオ日経「ザ・マネー」の月曜キャスターも務める。

資格
「国際テクニカルアナリスト連盟 認定テクニカルアナリスト」

メディア情報
・ザ・マネー 月曜日キャスター
・「夜トレ」(ラジオ日経)、「昼エキスプレス」(日経CNBC)など出演

 本資料のご利用にあたり、お客様にご確認いただきたい事項を、本資料の最終ページに記載いたしました。ご確認のほど、お願い致します。

《ライターによる宣言》
私、佐藤隆司は本調査資料に表明された見解が、対象企業と証券に対する私個人の見解を正確に反映していることをここに表明します。

また、私は本調査資料で特定の見解を表明することに対する直接的または間接的な報酬は、過去、現在共に得ておらず、将来においても得ないことを証明します。

《利益相反に関する開示事項》
●エイチスクエア株式会社は、PayPay証券株式会社との契約に基づき、PayPay証券株式会社への資料提供を一定期間、継続的に行うことに対し包括的な対価をPayPay証券株式会社から得ておりますが、本資料に対して個別に対価を得ているものではありません。
また、銘柄選定もエイチスクエア株式会社独自の判断で行っており、PayPay証券株式会社を含む第三者からの銘柄の指定は一切受けておりません。

●執筆担当者、エイチスクエア株式会社と本資料の対象企業との間には、重大な利益相反の関係はありません。

金融商品取引法に基づく表示事項
●本資料をお客様にご提供する金融商品取引業者名等
商号等:PayPay証券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第 2883号
加入協会:日本証券業協会
指定紛争解決機関:特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター

●リスク・手数料相当額等について
証券取引は、株価(価格)の変動等、為替相場の変動等、または発行者等の信用状況の悪化や、その国の政治的・経済的・社会的な環境の変化のために元本損失が生じることがあります。
お取引にあたっては、「契約締結前交付書面」等を必ずご覧いただき、「リスク・手数料相当額等(https://www.paypay-sec.co.jp/service/cost/cost.html)」について内容を十分ご理解のうえ、ご自身の判断と責任によりお取引ください。

免責事項等
●本資料は、投資判断の参考となる情報の提供を目的とし、投資勧誘を目的としたものではありません。投資の最終決定はお客様ご自身の判断で行ってください。

●本資料は、信頼できると考えられる情報源に基づいて作成されたものですが、基にした情報や見解の正確性、完全性、適時性などを保証するものではありません。本資料に記載された内容は、資料作成日におけるものであり、予告なく変更する場合があります。

●本資料に基づき行った投資の結果、何らかの損害が発生した場合でも、理由の如何を問わず、PayPay証券株式会社及びエイチスクエア株式会社は一切の責任を負いません。

●電子的または機械的な方法、目的の如何を問わず、無断で本資料の一部または全部の複製、転載、転送等は行わないでください。

PayPay証券株式会社
https://www.paypay-sec.co.jp/
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2883号

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
PayPay証券
PayPay証券株式会社の公式noteです。 PayPay証券アプリはこちら:http://bit.ly/3sjrtPL