スクリーンショット_2019-10-04_22

「魅惑の心理」マガジンvol.3(心理学的に得する人になる方法)

心理学を研究していく中で、世の中には得する人と、あまり得をしない人がいると感じるようになり、その差はなんだろうと研究するようになりました。するとこんなことが、得をすることに影響を与えていそうだというのがわかりました。もちろん、これが全部ではありません。その代表的な8項目を今回は、まとめて解説していこうと思います。

[目次]
①気持ちを切り替える。固執しない
②やらされない。自分でやる
③楽しいことを純粋に楽しむ
④他人の視線にとらわれ過ぎない
⑤不安に負けて判断を間違えない
⑥比較ばかりしない。ちょっとにする
⑦自分も他人も大事にする
⑧お礼も報復も過剰にしない

①気持ちを切り替える。固執しない

これは「魅惑の心理」マガジンvol.1でも紹介しました。最初に紹介するぐらい大事なことです。優秀な人は、ダメージを受けても引きずらない、本当にすごく落ち込んでも次の日、元気に出勤してくると紹介しましたが、そういう人は「優秀」なだけじゃなくて運も良いんです。なぜかというとマイナス志向に囚われていても、自分にとって良いことなど何もないことを知っているからです。ショックを受け自分や他人に当てつけみたいなことをする行動は、もう呪いそのものです。悪いものが集まってきますし、前に進めなくなってしまいます。

スクリーンショット 2019-10-13 16.46.59

スパッと気持ちを切り替えられる人は、しっかり反省ができているので、同じ過ちも繰り返さないし、ストレスをためにくい。健康で健全な精神を持つから良いことや良い人が集まってきてしまうんですよね。反省しないで気持ちをどんどん切り替えて、何度も同じことをしてしまう人もいますが、1回「しっかり反省する」という行為が大事です。

気持ちを切り替えられないメカニズムとその改善法についてご興味がある方は、詳しくこちらも読んでみてください。

また何かに固執することは、言い方を変えると「こだわり」なんて耳障りの良い言葉になりますが、固執して成功するパターンの何倍も固執しないほうが成功する例を見てきました。固執して成功すると成功を過剰評価する心理が働いてしまうのです。何かにこだわって得た成功は、強烈に記憶に残ります。すると正しい評価ができなくなります。もっとも得する選択を論理的にすべきです。


この続きをみるには

この続き:2,071文字/画像2枚
記事を購入する

「魅惑の心理」マガジンvol.3(心理学的に得する人になる方法)

ポーポー・ポロダクション

250円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつも応援していただいてありがとうございます。 みなさまからいただいたサポートは研究やコンテンツ開発に活かしていきたいと思います。

あなたの運勢は「超大吉」です
5
心理学研究者/心理学をビジネスで活用する心理コンサルティング/代表書籍「マンガでわかる行動経済学」(6刷)「マンガでわかる心理学」(14刷/si新書累計1位)など累計21冊、著書累計142万部。新刊「色と性格の心理学」(4刷)  http://www.paw-p.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。