見出し画像

「魅惑の心理」マガジンvol.14(霊能力、霊の正体に迫る)

ポーポー・ポロダクションは人間の持っている不思議な能力についても研究しています。心理学では「超心理学」という分野で研究されています。ただし、お金儲けの道具にされることがよくあり、怪しいものという印象を持つ人も少なくないでしょう。ポーポーは、この分野の霊能力とか運とかを少し真面目に心理学や脳科学の視点で解明できないかと思っています。

この分野に興味を持ったのは、もともと子供の頃から「霊感が強い」と言われるタイプの人間だったからです。見えないものが見えたり、先のことがわかったりということが何度かあり、この力の正体は何だ?という疑問を持ったところがあります。友人と夜に出かけでいると、交差点に影が立っているのが見えて、それを友人に言うと数日前にそこで死亡事故があったとか、角を曲がると誰かに会うと言うと本当にその人がいたりなんてことがありました。人と会った瞬間にその人の名前が漢字で浮かぶこともありました。

ただ私には霊能力があるかというと答えはノーです。こうしたものを視覚的に見ることがごくごく稀にあることぐらいです。そこでこの能力を科学的な視点から解き明かせないかと色々と仮説を立てて検証しています。まだまだ分からないことばかりですが、その途中経過、どんなことを考えて、どんなことを思っているのかを少し話をしたいと思います。

日本屈指の霊能力者と呼ばれる人にも何人も会いました。会うまでもすごい時間がかかり、すごい高いお金を払って会いました。不思議な能力を間近で見て、目の動き、しぐさ、霊能力者が何を考え、何を思考しているのかも、検証しました。このコラムを最後まで読んでいただけると、ニセモノの霊能力者の見分け方がわかります。そして霊能力と呼ばれるものや除霊などの不思議な現象に迫ります。誰でもが見られるところでは話せない内容ですが、研究途中ですし、雑談のような感覚で軽く読んでもらえるとありがたいです。

続きをみるには

残り 2,217字

¥ 500

いつも応援ありがとうございます。 みなさまからいただいたサポートは研究や調査、そしてコンテンツ開発に活かしていきます。 ミホンザルにはバナナになります。