スモーキング・ジャケット
見出し画像

スモーキング・ジャケット

パリ彩々。| 見ざる着飾る言わざる


スモーキングと言えばYves Saint Laurentであり、Yves Saint Laurentと言えばスモーキング。かつてヘルムート・ニュートンは、サンローランのスモーキング偏愛をみごとに写し撮った。

若かりし頃は全くピンと来なかったのだが、近年とうとう、スモーキングの魅力が私にも分かるようになった。

あれってちょっと歳を取らないと、身体の表面から浮いちゃうというか、ちっとも似合わないもんだったんだね。ちらりと覗く手首や首すじが若くピチピチ瑞々しすぎると、スモーキングの詩的で禁欲的でノーブルな雰囲気を壊す。

漆黒のウール地にシルクサテンの襟がぼんやりと反射する様子は、風の強い夜、空にたなびく雲が月光でチラチラと瞬くさまにも似ている。

セザール授賞式に呼ばれたりしないし、昼間からスーツで夜用の装いをする勇気は(まだ)ないので、ここは色褪せたLevi’sの501(66後期タイプ)を合わせたい。サンローランも「ブルージーンズは自分が発明したかった」と言っていたことだし。

足元は純白のスニーカー。NikeのBlazerか、Vansのスリッポンとか。ソックスは無し、または外に見えないように履く。

バッグは黒。サテンかエナメルのぺったんこクラッチ、または自作ショッパーglam rock shopper®︎の持ち手を結んで、巾着型にして手首にラフにぶら下げる。

アクセサリーはブレスレットのみ。
あ、ごく小さなイヤーカフも着けたいな、マスク着用義務の無い世界に早く戻らないかな。買ったばかりのイヤーカフをマスクの着脱のせいで紛失した記憶が鮮明で、怖くて着けられない。

そして実はこれを書いている途中で、形もサイズも価格も理想的なスモーキング・ジャケットを手に入れたのだった!1996年にYves Saint Laurentが通販大手La Redouteとのコラボで作ったものである。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます😊
パリ彩々。| 見ざる着飾る言わざる
洋服と服飾小物の中で「ほしいと思っているもの」と「持っていてよかったもの」などを、イラストと短文で記録します。 https://www.parisaisai.com