見出し画像

パララボ6月月刊~高校生とイベントしたよの巻~

paralreallab

こんにちは~!
パララボのクォンです☺

今月から始まったパララボ月刊!!
月刊では、月にあったイベントの様子や、ラボで起きた面白い事、ラボで作った新サービスを紹介していきます!
まずは、パララボについて紹介しておきます♡

パララボとは???

パララボは「パラレアルラボ」といい、AR、VR、XRを使って
日常をアップデートしよう!という思いのもと活動しています。
ラボには様々な人が働いており、みんなでアイデアを出し、プロトタイプを作り、世に発信しています。
まぁ、堅苦しいことは苦手なクォンなので、詳しくはこちらをご確認くださーい!
>パラレアルラボHPはこちら


では、さっそく!6月のラボの様子をご紹介します☆彡

パナソニック透過ディスプレイアイデアソン

6月の1発目のイベントは、パナソニックさんの透過ディスプレイを使用したアイデアを出そう!というイベントです!
こちらは高校生に参加してもらって、1人8個のアイデアを出してもらいました!
ここで使ったワークは「クレイジー8」というものです。

クレイジー8(Crazy8’s)とは、デザインスプリントやデザインプロセスにおいて、ユーザーニーズや課題を抽出・定義したあとのアイディエーションフェーズで取り入れられる手法です。ユーザーの課題や欲求を解決した先の理想の状態と、それを実現するアイデアを創出するためにチームメンバーで実施します。
クレイジー8では、チームメンバーが30~60秒ごとに合計8つの異なるアイデアを考え、それぞれを紙に書き出します。短時間で沢山のアイデアを創出・発散させることを目的としており、検証を含めた議論は次のフェーズで行うので、美しいスケッチや辻褄の合う完璧なアイデアを出す必要はありません。そのため、このワークから生み出されたアイデアは全て平等に扱われます。
時に、チームメンバー全員がアイデアを出し尽くしてどうしようもなくなり「クレイジー」なアイデアが生まれ、誰も予想し得なかったイノベーションへと発展する可能性があります。そのため、このワークはクレイジー8(または8アップ)と呼ばれています。
参照:Goodpatchより

もっと詳しく知りたいと思う人は、検索してみてね!

さて、日頃アイデアを出して!といってもなかなか出てこない高校生に、
無理やりでもアイデアを出さなければいけない「クレイジー8」を実施して、みんな無事8つのアイデアを出すことが出来ました!
イベントの様子はこちら↓↓↓

画像4

アイデアを書き出す高校生↓
画像1

パナソニックの方にもオンラインでご参加いただき、とっても充実したイベントとなりました!

画像4

実際に参加した高校生は

最初しか参加出来なかったですが、
楽しめました❗️
ありがとうございまし たm(_ _)m
自分なりに面白いと思える案が出せた上に、その案に賛同してさらに発展させたり組み合わせてより良くしてくれるグループメンバーのお陰でとても楽しく有意義な時間に出来ました!次のイベントも楽しみです!
メンバーみんな良い意見を出していて最終的にみんなの意見が1つずつ混ざったアイデアを提案出来て良かったです。雑談担当で色んな話を出してより良いアイデアが出せるように頑張りました
今日はありがとうございました!
今回のアイデア出しは、1分でどんどん案を出していくので、出した案にその人の個性が出ていて組み合わせることで思いもよらない案が出てくるのが面白いところだなと思いました。
普段アイデアを出すのが苦手なのでどうしようかと思いましたが、やってみたら意外とたくさんのアイデアが出せて楽しかったです。
最初はアイデア出すの苦手だなぁって思いながらもなんとか書けたし、そのあとに人のアイデアをさらにみんなで深めていくっていうのがすごく新鮮で楽しかったです。これからは大人の意見に縛られ過ぎないようにしたいです。
初めて1分間でひとつのアイディアを出すという経験をしました。右脳じゃなく、左脳で考えるという経験が出来て良かったです。普段脳をしっかり使ってなかったんだなと感じました。自分が書いたアイディアを自分で説明するのではなく、他の人が説明をしてくれるのが新しくて、一人一人の色んな角度から一つのアイディアが成長していくのが楽しかったです。
絶対に否定しないディスカッションが素敵だなと思いました。不安にならずに自然体でお話が出来ました。また参加したいです!
否定されない右脳で考える経験を楽しむことができて良かったです!さらに、アイデアを色んな角度から発展させることが出来ました。最後に、日常生活では否定的で俯瞰的な考えが主流になっている中でも、他人の意見を批判せず、また、あくまでも批評し意見を伸ばすという捉え方をすることが大切だと知りました。大勢の方の前でアイデアをプレゼンするという貴重な機会を楽しめたことがとても良かったです。ありがとうございました😊
グループの中だけでも「これが印象に残った」と思うアイデアがそれぞれ違って驚きました。その中でどう合わせてより良いものを作るのか考えることができたのが嬉しかったです。
また、つい考え込んで思考が停止してしまってもとりあえず考えてパッと思いついたことを書き出すことが大事なんだと思いました。
意見を出しても否定されなかったので、色々な視点で話し合いをスムーズに進めることができました。
自分の力だけでは思いつかなかったアイデアがどんんどん出てきて嬉しかったです。

と言ってくれて、企画したクォンも大満足です♡
最後に参加してくれた高校生みななでパシャリ☆彡

画像5


AR福岡コラボイベント!!

6月はもう一つイベントがありました!
それは、AR福岡さんとコラボして、高校生にARについて学んでもらうイベントです!
こちらのイベントは先着5名の高校生に参加してもらい、
ARを体験したり、ARについて考えたりしました!

画像3

※撮影時のみマスクを外しております。

実際に体験した高校生の感想は

VRの体験は以前から何度かさせて貰っていたんですが、現実と非現実を組み合わせたARの技術がかなり進歩していて驚きました。それを活用した将来についての話も夢が広がってとても面白かったです!
VRとARの体験に参加しました。私は特にVR技術を利用したアクティビティが面白かったです。実際にはそこにないものがあたかもそこにあるように感じ、それに対して、自分が手で触れると物体が重力に沿った動きを再現して動きを作りはたらく様が体験してみてとても興味が湧きました。また、このような活動があるときはまた参加させて頂きたいです。
VRやARを触れるのはなかなか無い機会なのでとても楽しくて、あっという間に時間が過ぎました。特にARは思っていた以上にすごい技術で終始、そんなこともできるんだ!という驚きの連続でした。とても楽しい時間をありがとうございました。
とにかく楽しかったです!✨また、今までの考え方とは違ったARやVRの使い方をしていて、発想が面白くてこれからの未来にとても可能性を感じました!
また他にもVRやARを使った新しい技術を体験できる機会があれば是非参加したいです✨

とのことでした!

クォンはこの日不参加だったので、次回は絶対参加したいと思います!!!


最後に

ここまで書いてきましたが、
最後に私クォンの自己紹介をしておきます!


名前:クォン・アッカーナ
年齢:成人している
趣味:推し活
ラボでの仕事:採用担当
特徴:顔出しNGで仕事してます!ラボに来たら会えるかも??

・・・てな感じで。

最後まで読んでいただきありがとうございますm(_ _)m
では、また7月の月刊で会いましょ~♡


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!