見出し画像

グループとチームの違い

あなたは、グループとチームの違いを説明できますか?

この二つ、学生さんや新人君、
指導者であるあなた自身を含め、
明確な説明が出来る人は少ないでしょう。

日常では
「仲間」とか「同僚」といった言葉に置き換えて使っています。
「その違いは何か」と聞かれて始めて考えたのではありませんか?

今日はいい機会です。

グループとチームの違いを明確にしておきましょう。

グループ
 ・共通の話題や目的によって分けられた集団
チーム
 ・共通の目的や目標に向かって協力して行動する集団。

一般的に、

仲良しグループ」と言っても、「仲良しチーム」とは言いません。
プロジェクトチーム」と言っても、「プロジェクトグループ」とは言いません。

余談ですが、
理屈で考えず、耳に響く韻でも

グループは弛みがある響きで、(gうrうーpう)
チームは締まって動きのある響きです。(tいーmう)

聴覚優位の人ならピンとくるかもしれません。

ただ分類された集団ならグループであり、
目的に向かって行動するのがチームです。

さて、ではここであなたの職場を思い出してみましょう。

あなたの職場でグループなのでしょうか?
チームなのでしょうか?

定義としては、チームと言いたいでしょうが、
スタッフの認識がグループになってしまっている場合が
非常に多いです。

メンバー全員が何を目的に、何を成すために集まっているのかを
改めて考えてくださいね。

間違っても、グループのままではダメですよ。

臨床共育メンター(R)齋藤 信
作業療法塾 主宰

オンラインサロン「サイトーのシゴトバ」はみんなで一緒に奇跡を実現させる!ドリームTEAMです!

今、あなたは「本当にやりたいこと」をしていますか?
 この「サイトーのシゴトバ」は、あなたの「やりたいこと」を発見し実現することを目的とした「オンラインサロン」です。
 会員はただ知識を受け取るだけではなく、共に育む「共育」を共通のキーワードとして、積極的に行動を後押ししていきます。

みんなで一緒に奇跡を実現させる!そんなドリームTEAMです!
参加は以下のリンクから! 


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

「臨床共育」の研究と実践の資金になります。論文化、書籍化のあかつきには、優先的に講義をしに伺います! あなたの情熱にありがとう!

ありがとうございます!頑張ります!
2
共に育む臨床教育の形「臨床共育」その実践者たる「臨床共育メンター®︎」を養成する共育者。 作業療法士であり、2005年より作業療法塾を開設。当時よりインターネットでの情報発信を重ねており、 このnoteの場で「教科書」の作成に挑む。 https://saito-makoto.jp
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。