見出し画像

「時空犯」を読んで          (異質へのアプローチが面白い)

ore

チュンソフトのサウンドノベルやスパイク・チュンソフトの極限脱出シリーズを思い出した。このようなアドベンチャーゲームを彷彿させる小説であった。

時空が歪んでいるという条件のなか、探偵が論理的に謎を解くことは、
もちろん読み応えあるが、それよりも、異質なものを理解するためのアプローチの説明が一番印象に残った。謎解きよりも読む価値があったと思っている。

自分と異なるものを理解するためには、自分が変わり、異なるものに近づく必要がある。ただ、変わることが受け入れられないのであれば、理解を諦めるしかない。変化を拒むなら異質なものとは断絶することが共生の道である。「他を変えれば良いのでは」と思うかもしれないが、異質なものを自分と同質なものに変えれば、それは、もう異質なものではない。異質を理解したことにはならない。浪費家の知り合いを倹約家に変えても、浪費家の気持ちは理解できない。倹約家である自分が浪費家になる必要がある。

この本は、「時空が歪んでいるという特殊条件での謎解き」と「異質を理解する試み」に興味のあるかたにお薦めである。

出版社:講談社 作者:塩谷 験 タイトル:時空犯 
令和4年6月24日 読了

ore
「マニアはすごい」「マニアは楽しい」の理由と自分が読んだ小説の感想と学びをただひたすら書いていきます。