見出し画像

「埋み火 Fire's Out」を読んで(親子の苦悩と馬鹿の幸せに興味ある方にお薦め)

ore

消防士である馬鹿な主人公(作中に馬鹿と呼ばれまくる)が、火事現場で遭遇する老人や少年の生い立ちに触れ、様々な家族の形を目の当たりにすることで成長していく物語。「生きる」をテーマに、”家族とは”を教えてくれる本である。

主人公が放火犯の現場を抑える場面から始まり、老人宅の失火火災の現場に疑問点を覚えるところから、物語が展開する。主人公のモノローグ描写が多く、主人公の考え方も深い。そんな本です。

気づきにくいが、体が大きく健康体というだけで、他人にないものを持っている。他の可能性を考えずに、現状に幸せを感じることは、馬鹿だけど、すばらしい。

「自殺を図る老人」「なんでも他人のせいにする男」「お節介な上司」「言いたいことを言い合える友」等々、登場人物の抱えている悩みや考え、そして成長をじっくり読ませ、頭に入ってくる文章で書かれている。

この作者が描く人物は、警察や消防士と堅い職業が多いが、人間味に溢れている。社会のルールにしばられながらも、ひたむきに生きることについて、教えてくれる。

人が働く事、生きていく事を簡潔にていねいに描写されていて、面白い。人はこうやって悩みながら成長するのかなと感じさせてくれる。

「親子」「生きる」「馬鹿の幸せ」に興味ある方にお薦めです。
出版社:講談社 タイトル:埋み火 Fire's Out 作者:日明恩 7/21読了


ore
「マニアはすごい」「マニアは楽しい」の理由と自分が読んだ小説の感想と学びをただひたすら書いていきます。