オープンアイランド実行委員会

オープンアイランドは海士町の観光や教育に関わる島内外のチームから生まれました。オープンアイランド。それは文字通り「島を開く」ということ。 島の暮らしに触れる、会いたかったあの人に会える。私達は今までにない観光の形を皆さんと一緒に作りたい。 開いた先に広がる景色を一緒に見ませんか?

オープンアイランド実行委員会

オープンアイランドは海士町の観光や教育に関わる島内外のチームから生まれました。オープンアイランド。それは文字通り「島を開く」ということ。 島の暮らしに触れる、会いたかったあの人に会える。私達は今までにない観光の形を皆さんと一緒に作りたい。 開いた先に広がる景色を一緒に見ませんか?

    マガジン

    • 海士町みんなのnote

      • 875本

      海士町のみなさんが更新されているnoteや、海士町のことを書いてくださったnote、#海士町のnoteなどをまとめています。

    • 観光から関係へ。「オープンアイランド」

      • 8本

      オープンアイランド。それは文字通り「島を開く」ということ。 さあ、もう閉じこもるのはやめよう。 島の暮らしに触れる、島の食に触れる、会いたかったあの人に会える。 私たちは今までにない観光の形をみなさんと一緒に作りたい。 開いた先に広がる景色を一緒に見ませんか?

      • 海士町みんなのnote

        • 875本
      • 観光から関係へ。「オープンアイランド」

        • 8本

    最近の記事

    「島の農業を知って欲しい!」中学生が考える「農作業体験×郷土料理作り」で海士の農業を知りながら、島民と仲良くなっていく12月オープンアイランド。

    「また会いたくなる人に出会える日」をコンセプトにつくられるオープンアイランド。このnoteでは12月の「島の当番」とオープンアイランド実行委員会が主催する12月のイベントについてご紹介します。 オープンアイランドの詳細については、ぜひこちらをご覧ください! また、これまでに実施した実際のオープンアイランドの概要についてはこちらをご覧ください! ・5月オープンアイランド ・6月オープンアイランド ・7月オープンアイランド 12月の当番:海士中学校1年生 ことの発端は一年前

      • 【6月のオープンアイランド】参加者が島の日常に溶け込んでゆく。

        6/19(土)〜6/20(日)の日程で行われた第2回目のオープンアイランド。 この2日間の様子をダイジェストでお伝えしつつ、参加者の方からいただいた心温まるメッセージをいただいておりますので、それも併せてご紹介させていただきたいと思います! そもそもオープンアイランドって?オープンアイランドとは、文字通り「島をひらく」ことを目指し、「また会いたくなる人に出会える2日間」をコンセプトとしています。 テーマは「観光から『関係』へ」 島の日常、人とのつながりに触れていただき、

        • 海士町でホットな話題をこれでもかと盛り込んでます!島に暮らす人と一緒につくる「また会いに行きたくなる2日間」を。

          「また会いたくなる人に出会える2日間」をコンセプトにつくられるオープンアイランド。このnoteでは7月の「島の当番」とオープンアイランド実行委員会が主催される7月のイベントについてご紹介します。 オープンアイランドの詳細については、ぜひこちらをご覧ください! また、5月に実施した実際のオープンアイランドの様子についてはこちらをご覧ください! 7月の島の当番:旅館亭主×デザイナー7月は「チームなかむら旅館」と題して、島宿「お泊まりどころ なかむら」のご主人中村徹也さんと、そ

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 海士町みんなのnote
          ないものはない 海士町公式 note 他
        • 観光から関係へ。「オープンアイランド」
          ないものはない 海士町公式 note 他