見出し画像

ヤシノミ作戦2021 振り返り(別姓・同性婚への賛成率)

ヤシノミ作戦 note

みなさま、明けましておめでとうございます。昨年はヤシノミ作戦へのご協力を誠にありがとうございました。

年末年始の時間を使い、2021年10月31日に実施された衆議院議員選挙で当選した全465名の議員リストを完成させました。

こちらのリストでは、各議員が「選択的夫婦別姓」や「同性婚」に賛成しているかどうかを確認できます。

このリストを使い、まず「選択的夫婦別姓」への賛成・反対の割合を調べました。

衆議院議員の「選択的夫婦別姓」への賛否

全衆議院議員(左のグラフ)では、賛成が56%、反対が27%、無回答が18%。自民党が党議拘束を外して多数決を採れば、賛成多数で可決するところまで来ていることがわかります。

しかし、自民党の衆院議員(右のグラフ)に絞ると、賛成が26%、反対が45%、無回答が29%と反対する議員がまだ多数派です。

ちなみに2019年の参院選で当選した議員124名の賛否はこんな感じでした。

2019年 参院選で当選した議員の「選択的夫婦別姓」への賛否

比較すると、2019年は自民党議員の60%が「無回答」だったのが、29%に半減し、賛成反対の意思を表明するようになっています。

いい感じです。あとは反対するヤシノミ議員を減らしていきましょう。


また、同様に、「同性婚」に対する賛否の割合を計算しました。

衆議院議員の「同性婚」への賛否

「同性婚」への賛成は、「選択的夫婦別姓」よりやや少な目ですが、全体としての傾向は同じで、自民党内ではまだ反対派が多いことがわかります。


さぁ、今年の夏は参院選。

「選択的夫婦別姓」と「同性婚」に反対するようなヤシノミ候補者は、徹底的に落としていきたいですね!


※2019年の参院選のデータを足しました。(2022/01/15)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!