見出し画像

3年間くらいMacBookPro用のUSB Type-C なドングルをいろいろ巡った

自分は、HDMIでディスプレイを2台つなげ、HHKB (USB接続) を使っているのでType-C になる前は、標準装備されたHDMIと、LightningからHDMIへの変換くらいでなんとかなっていた。

一方で、今使っている MacBook Pro (13-inch, 2017, Two Thunderbolt 3 ports)は、USB-Type C の口が2つしかないのでなかなか問題が出る。単純な USB-Type C と HDMIの変換コネクタを2つ使うと口が埋まってしまい充電ができなくなるし、格好が悪い。

なによりApple には公式で、USB-C Digital AV Multiport アダプタなるものがあるのだが、お値段が6,800円と、これを2つ買うとなるとお高い。

というわけで、こんなことをうんうん考え最初は安物に手を出した。

1. Amazonで買ったUSB-Type Cハブ (謎のメーカー)

最初に試しに1つ買ったもので、HDMIポートが1つと、USB Type-A のポートが2つ、電源供給用のポートがついている。接続すると、青く光る。きれい。

が、なんとこれがなかなか熱がすごく、3ヶ月ほどで煙を上げて死んでしまった。。実は4,300円くらいして結構ショックだった。現在は発売していない模様。

2. USB-Type Cハブその2 (謎のメーカー)

上のものが壊れて取り急ぎ買ったもの。2,180円。前述のものを合わせると、Apple純正の金額に近くなってきた。

HDMIポートが1つ、USB Type-A ポートが1つ、電源供給用のポートが1つついている。これは1年くらいは使っていたが、USB利用時はどうもHDMIによるディスプレイ表示が安定しない。なにか干渉していたのだろうか。。なにか Type-C のコネクタ部もふにゃふにゃなので、すぐ抜けてしまったりと心もとない。

3. USB-C to HDMI 変換アダプタ (Anker)

ここでようやく、ちゃんとしたメーカーのものを使わないとだめだよね。ということに気づき、以下を買う。2,199円

正しく動作する素晴らしい製品なのだが、これだと1口塞いでしまい、電源供給中にUSBのキーボードを接続することができない。USB Type-C が4つ搭載されている TouchBar つきモデルを買うべきだったと後悔。

外出時などは未だに使ったりする。

4. Amazonベーシック TypeC -> HDMI変換ケーブル (Amazon)

ちゃんとしたメーカーのものを。と言いつつ、やっぱり買ってしまった怪しいアダプター。Amazonベーシックとか言っているので大丈夫だろうと思いつつ。。上記の Anekr の USB-C to HDMI と組み合わせて使っていた。HDMIポート、電源供給ポート、USB Type-A ポートを搭載。3,481円。

今は販売していない模様。

動作は特に問題ないかと思いきや、3つのポートを同時に使うと、HDMIからの映像が出なくなったり、怪しげな挙動があった。だましだまし使う。

5. j5 create USB-C ミニドック JCD 389

そんな紆余曲折あり、ようやく最終的に普段遣いしているのが以下。j5 Create は台湾のメーカのようだ

この手のUSB Type-C のポートを2つ塞ぐタイプのDockはいろいろあるが、HDMIポートを2つつなげることができず、買うのを躊躇していた。

一方、この製品はHDMIを2つ使うことができるし、必要ならVGA、Mini DisplayPort などにポートを1つ変えて使うことができる。また、SDカードリーダー、イーサネットポートなども装着することができる。万能。

この製品は、発売したのが去年の12月らしくまだ、あまりレビューなどもなかったので、お値段も高くなかなかドキドキであった。

購入から1ヶ月ほど使っているが、特に大きなトラブルも発生しておらず、快適。日本語のマニュアルもしっかり付いている。

Type-C ポートを2つしか搭載していない、MacBook Pro で、HDMIを2つ接続したい人になかなかオススメな製品だ。

画像1

教訓として、この手の製品は安物のよくわからないメーカーのものをAmazonで買ってはいかんということである。

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

7
私です
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。