見出し画像

娘を叱って反省したこと…

こんにちは!スモールジムFlare代表の小野寺幸太郎です。

本日は日曜ということでライトな内容を。

先日朝、娘を保育園に送りに行く時のことです。小野寺家の教育方針は基本「やることやったらあとは好きにしろ」スタイルなので(笑)特にYouTube閲覧やテレビゲームをやる時間に制限は設けていません。

といってもうちの娘は身体をつかって遊ぶ方が好きなので、それらに使う時間は一日数十分程度です。

そんな中ある朝に、保育園に行く10分前になっても珍しくまだゲームをしており、「行くよ!いつまでやってんの!」と注意しました。車に乗ってもまだプンプンとしていましたので、追加で一喝するとそこで泣き出してしまいましたね…

保育園に着いても泣き止まず、先生に「朝叱ったら泣いてしまいました、すみません…」と伝え、私はそのまま仕事に行きました。普段私は怒らないので、怖かったようです…。

泣きながら保育園に入っていく娘を見て「可哀そうだな…」と思いながらも「でもあそこで叱らないのは違うよな」と悶々としながら仕事をしておりました。

しかし思い返せば、叱るのは正しいとしても、もう少し「やりようがあった」と反省しました。タイミング、口調など、その時の私に「100%本人の為を思った𠮟り方ができていたか?」「自分の”感情”が入っていなかったか?」と考えた場合に、できていなかった、ですね。

帰りに娘の好きな鬼滅の刃グミを買って、ただいまと帰ると、娘の方から開口一番で「おとうさん、ごめんなさい」と言ってきました。いいよ~とグミを渡すととても喜んでいました。

「ありがとう!」とグミを開けながら私に…

「でも…こんどからもうすこしやさしく怒ってくれない?」と。

…はい、すいませんでした…

父ちゃん頑張ります…

最後まで読んでいただきありがとうございます。それではまた!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
感謝ですッ!!
小野寺幸太郎/青森市スモールジムFlare代表/30歳で会社員を辞めジム経営者として独立起業の道へ
フィットネスクラブに支配人兼トレーナーとして勤めた後、青森市で「少人数制スクール型フィットネスジム」を開業。 自分のジムを持ち、人に貢献できる”良いトレーナー”を増やしたい! 何にも縛られず”自分の力で人生を切り開こうとする人”を応援したい!