見出し画像

貧乏ゆすりは優れた運動!

こんにちは!スモールジムFlare代表の小野寺幸太郎です。

昨日は「脚を動かすことの重要性」ということでお伝えしました。本日も関連する内容を。

「貧乏ゆすり」はご存じですよね?小刻みに脚をガタガタさせるアレです!名前の通りみっともない行為として知られていますが、実は運動としてはとても優秀です!

何故優秀か?というと。

ほとんど辛くなく!

血液が滞留しやすいふくらはぎの筋肉が活性化され!

さらにどこでもできるからです。

貧乏ゆすりは専門的に言うと「足関節の底屈動作を小刻みに連続させる」行為です。

ふくらはぎの筋肉、座った状態だと特にヒラメ筋が活性化されます。小刻みかつ連続的に筋肉を収縮させることで、座っていても血流を促進できるのは良いですね!何より全くと言っていいほど辛くないので、苦になりません!

これに加圧ベルトを巻けば効果はさらに大きいですね!

ただ一つの難点は「周囲の目が気になる」ということ…

その場合は座ったままつま先立ちで代用しましょう!

いずれにせよ座りっぱなしは百害あって一利なし。普段の習慣から見直していきましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございます。それではまた。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
お役に立てるよう頑張ります!
小野寺幸太郎/青森市スモールジムFlare代表/30歳で会社員を辞めジム経営者として独立起業の道へ
フィットネスクラブに支配人兼トレーナーとして勤めた後、青森市で「少人数制スクール型フィットネスジム」を開業。 自分のジムを持ち、人に貢献できる”良いトレーナー”を増やしたい! 何にも縛られず”自分の力で人生を切り開こうとする人”を応援したい!